あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

御用メディアをやっつけられるのは、国会を解散して、民意に諮った小泉元首相だけ。

政治で大切なことは、目標として大きな方向を打ち出すことだ

過ちては 改むるに 憚ることなかれ


 この言葉は、政治の世界だけでなく、経済の民間企業にも通用する基本的なことです。ですから、言い古された言葉ではあるのですが、それを実践した大政治家の口から発せられただけに、御用メディアなどが、太刀打ち出来る訳がないと思います。


zakzak
ホーム政治・社会ニュース詳細
小泉元首相、読売社説にブチ切れ!「原発ゼロ」批判に異例の反論
  2013.10.19

d0001610_18124623.jpg

    小泉純一郎元首相

d0001610_1812434.jpg


 「原発ゼロ」を訴える小泉純一郎元首相が、とうとうブチ切れた。小泉氏は19日付「読売新聞」朝刊に寄稿し、「原発ゼロ」論を批判した読売社説に対し、事細かに反論を展開したのだ。首相経験者が個別の社説にかみつくのは異例中の異例。議員引退後は表舞台から遠ざかっていた小泉氏だが、自身に向けられた批判に“けんか師”の血が騒いだようだ。

 「政治で大切なことは、目標として大きな方向を打ち出すことだ」

 小泉氏が19日付読売に掲載したのは、「『原発ゼロ』を目指して」と題する論文。怒りの矛先は、「小泉元首相発言 『原発ゼロ』掲げる見識を疑う」と題した8日付読売の社説に向けられた。

 論文は、社説での小泉批判を引用し、これに反論するスタイル。原発の代替電源・火力発電で電気料金が上昇し、経済に悪影響を及ぼしているという読売社説の指摘には「蓄電技術の開発が進んでいるではないか」などと強調した。

 「必要は発明の母」

 「過ちては改むるにはばかることなかれ」

 「『やればできる』は、魔法の合言葉」

 文中では、印象に残るワンフレーズで説得力を持たせる小泉節も健在。「挑戦する意欲を持ち、原発ゼロの循環型社会を目指して努力を続けたい」と締めくくった。

 政治評論家の小林吉弥氏は「元首相が新聞社の社説に反論するなんて聞いたことがない。変人の面目躍如だ」と指摘した上で、こう続ける。

 「もう本人は政界復帰することはないだろうし、世論も勢いだけの政治はいかがなものかと思っている。現役を引退した小泉氏が旗を掲げても、付いていく人はいないだろう」

 小泉氏は16日の講演で「二度と国会議員に返り咲くつもりはない。(脱)原発新党は毛頭、考えていない」と述べ、脱原発を主張する一部野党との連携を否定したばかり。だが、批判を浴びれば浴びるほど闘争心に火が付く政治姿勢は現役時代のままだ。

 相次ぐ批判にますますヒートアップするのか、それともご意見番で終わるのか。元気に「原発ゼロ」を繰り返す71歳のご隠居は、今後も注目を集めそうだ。



小泉元首相、読売社説の原発ゼロ批判に反論
2013年10月21日(月)12時15分配信 J-CASTニュース

一転して原発ゼロを訴えている小泉純一郎元首相が、2013年10月19日付読売新聞朝刊に寄稿し、「『原発ゼロ』掲げる見識を疑う」と批判した8日付読売社説に反論した。

「『原発ゼロ』を目指して」と題した論文では、読売社説が火力発電で電気料金が上がって経済に悪影響を与えているとしたことについて、「蓄電技術の開発が進んでいる」として原発ゼロでもやっていけるとの立場を強調した。そのうえで、小泉氏は、「政治で大切なことは、目標として大きな方向を打ち出すことだ」と説いている。






 [ 分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは二倍になる ]
by antsuan | 2013-10-21 18:16 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/19856208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。