あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

変人 小泉純一郎 健在なり (これが本当の国家戦略だ)

東京新聞 TOKYO Web
小泉元首相 原発ゼロ訴え 講演会 安倍政権に決断促す>

2013年10月2日 朝刊

 小泉純一郎元首相が一日、名古屋市内で講演し「原発ゼロを実現し、循環型社会を目指すべきだ」と強く訴え、脱原発の立場を明確にした。
 小泉元首相は二〇一一年三月の東京電力福島第一原発の事故に伴う被災者への補償や、事故収束の費用を含めると「原発ほど(発電)コストが高いものはない」と明言した。
 安倍政権は原発再稼働に前のめりだが「核のごみ(放射性廃棄物)の最終処分のあてもなく、原発を進めるのは無責任だ」と指摘。「今、原発ゼロという方針を自民党が打ち出せば、一挙に(脱原発への)国民の機運が盛り上がる」と述べ、原発ゼロへ向けた安倍首相らの政治決断を重ねて求めた。
 最後に「日本人はピンチをチャンスに変える特性がある。今こそ、原発をゼロにして(太陽光など)再生可能エネルギーによる循環型社会をつくるという夢に向かって結束できる」などと訴えた。
 講演会は大垣共立銀行(岐阜県)などの主催で、傍聴希望は先着順で事前に募集。中部財界の関係者ら二千五百人が集まり、マスコミにも公開された。
 小泉元首相は一一年五月、講演で原発依存度を下げ、自然エネルギーの開発を促進すべきだと発言。今年九月下旬には、ビジネス誌の創刊五十周年の記念講演で、原発ゼロの必要性を主張したと一部週刊誌で報じられた。
 同月二十七日に元首相と会食したみんなの党の国会議員は、短文投稿サイト「ツイッター」に「元首相は原発は廃止するべきだと強く思っています」と書き込んでいた。


 元首相の小泉純一郎が、原発反対派であることは、ネット社会では去年からよく知られている事実です。ですから、何を今更と言いたいところですが、これが談合組織「記者クラブ」の無責任さをよく表しているので、証拠として転載いたします。

 「マスコミにも公開された」と、わざわざ記事の中で断っていますが、つまり、記者クラブの連中は、たんなる広報機関に成り下がっていることを、自ら告白しているにすぎません。

 いまや、ネットメディアの後追いしかしなくなったマスメディアに未来はありません。いや、本当のことを言えば、小泉元首相の発言にあるごとく「ピンチはチャンス」なのであり、マスメディアが本来の報道機関として目覚めるよい機会なのです。

 いまの司法官僚の暴走を食い止め、国民のための健全な国家を取り戻すには、あのウォーターゲート事件のワシントンポストのような、"気骨ある報道姿勢"を失ってはならないのです。

 


 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2013-10-02 08:55 | 政治・経済 | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2013-10-02 10:37
同感です。
Commented by antsuan at 2013-10-02 16:50
・我々草の根ブロガーだけでなく、元首相も講演して訴えているのですから、マスメディアにも頑張ってもらいたいですね。
Commented by cocomerita at 2013-10-02 23:39
Ciao antsuan
いや、まさに、、
そろそろマスコミも政治家もそして企業家も国民も目覚めるときでしょうが、、
最終的には自分で自分の首絞めてるのわかんないのかーー
Commented by antsuan at 2013-10-03 08:32
・cocomeritaさん、愚かなことに、自分だけは安全なところに逃げられると、彼らは思っているのでしょうね。
本当に、ピンチはチャンス。目覚めてほしいですね。スノーデン氏の警告を活かすのは今だと思いますよ。