あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

米国の衰退は加速している

「國破れてマッカーサー」の著者、西鋭夫スタンフォード大学教授のフェイスブック「夜明け前・日米アジア日記」より、転載しました。
d0001610_2315215.jpg


スタンフォード大学教授 西鋭夫 「夜明け前・日米アジア日記」
9月16日
Stanford Diary 4

1回の表 プーチン大統領 場外満塁ホームランで 得点4点 
1回の裏 オバマ大統領 連続三振で0点。
米国内では、うんざりと失望と怒りが交錯している。
シリア戦争と一触即発の中東はこれから悪化し続ける。
プーチン案は順調に進むわけもなく、空中分解する。
追い込まれたオバマ大統領は、ミサイルを撃ち込むか、海兵隊を上陸させるか。それともイスラエルを仕掛けて、責任回避への工作をするか。

今朝(2013•9•16)首都ワシントンにある海軍の作戦本部基地へ暗殺者(3名?)が侵入しすでに12名を射殺。負傷者数不明。暗殺者1名、射殺された。  
アメリカの軍事基地で類似の悲劇が度々勃発し始めた。不吉な前兆か。


 軍事施設内での狙撃事件であれば、これは明らかに戦闘と云うべきでありましょう。
Bloomberg.co.jp
ワシントンの海軍施設で銃乱射、12人死亡-犯人の1人は射殺
  9月16日(ブルームバーグ):ワシントンにある米海軍施設で16日に銃乱射事件があり、少なくとも12人が死亡した。ワシントンの複数の当局者が明らかにした。
ワシントン警察のトップ、キャシー・ラニヤー氏は記者会見で、少なくとも狙撃犯1人は同日朝に事件現場で射殺されたと説明。警察はこのほかに2人が発砲事件に関わっているとみて、行方を追っていると続けた。両者とも軍人のような服装だったという。負傷者も4人おり、うちワシントンの警察官1人は重体。
オバマ大統領は「この卑劣な行為に及んだ者に確実に責任を負わせるため、全力を挙げる」と言明。「何が起きたのか徹底的に調査する。そしてこうした事件を防げるようあらゆる措置を講じる」と続けた。
発砲事件は米東部時間午前8時15分ごろに発生。事件を受け海軍施設の付近の道路、および学校8校が封鎖された。事件のあった施設はワシントン中心部から約1マイル(約1.6キロ)離れたところにある。
負傷者のうち3人が運ばれたメッドスター・ワシントン病院のジャニス・オーロウスキ最高執行責任者(COO)は記者団に対し、3人とも重体だと述べた。
原題:At Least 12 Dead After Washington Navy Yard ShootingRampage(抜粋)


 9.11の同時多発テロも、アメリカ合衆国の国防総省本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃されていることを忘れてはなりません。

 このことから分かるように、中東の紛争にちょっかいを出したら、米国は、そのしっぺ返しを喰らうようになってしまいました。

 「米国が正義」の時代は終わったのです。アメリカ国民はそのことに気が付いています。気が付いているからこそ、非白人のオバマが大統領になったのですが、オバマ大統領は、その国民の期待に残念ながら応えきれていません。





 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2013-09-19 22:49 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/19682247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2013-09-20 10:14
壊れてますね。
乱射事件がしょっちゅうあっても銃規制は一向に進まない社会って異常です。
Commented by antsuan at 2013-09-20 12:37
・アメリカ国内が無法地帯なのに、他所の国にちょっかい出すとは。
本当に異常としかいえませんね。