あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

明日の九月二日はアジア解放の母が病に伏した日

 いま、ここ葉山では、熱帯低気圧になった台風十五号による吹戻しの風が、強く吹いています。この台風のように、戦争と云うものも、吹き返しがつきものです。

 先の太平洋戦争でも、この吹戻しともいえる戦いがありました。それこそが、アジア民族によるアジア解放ための独立戦争だったのです。


#拡散 10分で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画(ナレーションつき)


 ですから歴史的に見れば、大東亜戦争と云うのは、ベトナム戦争までの戦いを称するものであり、アジアの日本は、太平洋戦争と云う戦闘には負けましたが、アジア解放の戦争には勝利したといえます。

 そしてその勝利は、尊い命を捧げてくれた、何百万と云う靖国神社に眠る、祖先のお陰なのです。




  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2013-09-01 13:51 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/19576729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marsha at 2013-09-02 22:29 x
シリア問題で、米国が強攻すれば 中国とロシアが組み、 米,英、EU,日本で 大三次世界大戦になるのでは? 中東はメチャクチャになります。 

人間は恐ろしい動物ですね。 アメリカはヤクザ国家? ほとほと嫌気がさしてきました。 多くの米国民もシリア攻撃は反対していますが、果たして議会は?
Commented by antsuan at 2013-09-03 08:14
・米国が攻撃するときには、必ず「嘘の口実が含まれている」と云うのが、歴史から学ぶことが出来ます。
米国の人口で白人の占める割合は五割を切りました。
キリスト教原理主義は共産主義と変わりませんから、アメリカ合衆国もソ連と同じに崩壊する運命にあると思います。
一民族一国家の形態が自然な形なのではないでしょうか。