あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

國破れて・・  (他力本願の平和を「隷属」と云う)

d0001610_17344019.jpg


 ようやく「國破れてマッカーサー」を読み終えました。

 敗戦時の、マッカーサー司令部時代の、機密文書をひも解いて明らかになったこととは、わたしたちが「平和」とよんでいるものは、国際的にいえば「隷属」だったのです。

 祖先が、人種差別撤廃のために、宗教(思想)戦争を戦ったように、現代に生きるわたし達も、人間尊重の精神である人種差別撤廃の戦いを、続けて行くべきです。





[ あなたが生まれたとき周りの人は笑って、あなたが泣いたでしょう だから、あなたが死ぬときはあなたが笑って、周りの人が泣くような人生を送りなさい ]
by antsuan | 2013-07-25 17:35 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(10)
Commented by Emitan at 2013-07-26 07:03 x
隷属!でもねー 心地よい隷属期間だった様な? 朝鮮戦争のお陰で甘い汁も頂けたし、デトロイトを破産にまで追い込んだ実績も在ったし、外国に行っても、順白人扱いまでされて、お陰で私なんか、アメリカかぶれにも成ったし、占領国がアメリカで無かったらどんな扱いを受けたか?太古の昔から日本の歴史の中でコンナニ、幸せな時代は二度と訪れ無い様な気もしています。栄華に溺れて、腐れた気質に成って仕舞った人種(ローマ帝国の滅亡を連想)・・・まあこんな事を書いたら、あんつぁんからお叱り受けるかな?だって英語を喋らなくても生きていける国民だったのだもの。一時期は日本語を喋れなきゃ営業マン失格!日本企業と付き合う為にカラオケを練習した営業マンも居たと言われた時代も在ったし、軍隊を持たなくて、金儲けに専念出来た奇跡の期間を享受させて頂けたんだもの!キリスト教のお祭りを楽しむ風習までできたし、そう言えば事実上の無宗教で生きていけると言う事は宗教に頼らなきゃ生きていけない様な苦しい生活をしなくて良い時代だった様な!さああんつぁんお叱りを!このブログを愛読していて、こんな発言は許されないかな?
Commented by antsuan at 2013-07-26 10:39
・まだ過去形になっていない事が問題なんですよ。

我々内地の日本人は、ブレない神学をもったマッカーサー征夷大将軍様のお陰で、心地よい隷属に浸る事が出来ましたが、その分、朝鮮民族やベトナム民族は、腐ったキリスト教原理主義を押し付ける米国の犠牲になりました。もちろん、沖縄の人々も同様です。

そして、日本の無力化を推進してきた米国は、殴られても叩かれても起き上がる日本人の底力を侮り、今や力尽きようとしています。

何百万人というアジア人を殺害してきた報いというものでありましょう。
Commented by yukiwaa at 2013-07-26 18:39 x
辛い過去・・・でも決して忘れてはならない。多くの人を「戦争」という名で殺したことを。
Commented by antsuan at 2013-07-26 19:11
・yukiwaaさん、平和を脅かされたから戦争を始める。その基準が思想の違いによって変わることの不合理がある以上、戦争放棄の理想は誇りとするべきですね。
Commented by sweetmitsuki at 2013-07-27 05:36
戦後の日本人が占領軍の奴隷だというのなら、戦前の日本人は皇軍の奴隷だったのではないでしょうか。
鍋釜まで供出させられて、夫や息子を戦地に召集させられて、挙句の果てに故郷を焼け野原にさせられて、こんなひどいことを占領軍はしましたか?
人種差別撤廃とおっしゃいますけど、戦前の日本人(今でも)は中国人や朝鮮人を差別していませんでしたか?
Commented by Emitan at 2013-07-27 06:46 x
そうですよねー!皇軍の方がもっと非人道的でしたよね!自分達の文化の源の人達を愚弄するなんて、何処でしたか、ヨーロッパで無理やり子供を生ませて、幼い子供を兵隊に徴収していた政権は?あれも自国民でしたよね!カンボジアもそうだったなー!良い時代に生まれ育った事に感謝です。
Commented by antsuan at 2013-07-27 08:27
・ sweetmitsukiさん、占領軍の非道ぶりが公文書に残されていて、この本に書かれているのです。

>こんなひどいことを占領軍はしましたか?
東京大空襲はいうに及ばず、広島長崎の原爆、沖縄の鉄の雨による非戦闘員虐殺は、占領軍である米国がやったんじゃないですか!!

>人種差別撤廃とおっしゃいますけど、戦前の日本人(今でも)は中国人や朝鮮人を差別していませんでしたか?
内戦状態の支那では、庶民は身の安全を守ってくれる日本軍のいる所に避難して来ているのですよ。
朝鮮を併合したとき、李王朝の血族を朝鮮貴族として、日本の華族と同じに遇し、朝鮮人にも国会議員になる資格を与え、教育も平等でしたよ。
Commented by antsuan at 2013-07-27 08:27
・Emitanさん、奴隷を神として祀るのも非人道的なんでしょうね。
Commented by sweetmitsuki at 2013-07-28 04:17
東京大空襲は、日本が1942年6月、ミッドウェー海戦によって主力空母および艦載機のほとんどすべてを失い、続く1944年6月、マリアナ沖海戦でも大敗し絶対国防圏が破られたことによる結果であって、そんな状況になってもなお、戦争を続けた皇軍の責任です。
アメリカのせいにしないでください。
勝てるはずのない戦争を続けるために皇軍は未来ある若者を戦地へ徴用し、内地にいた非戦闘員を見捨てました。
戦中の日本人はまさに皇軍の奴隷だったのです。
Commented by antsuan at 2013-07-28 06:27
・sweetmitsukiさん、是非この「國破れてマッカーサー」を読んでみて下さい。

豊臣秀吉は、バテレン追放をして、危うくスペイン帝国のエンコミエンダを免れましたが、浦賀に来たペリー提督により、奴隷貿易をしていた国と国交させられ、遂には戦争を仕掛けられて、日本はとうとう占領されてしまいました。
しかし、日本が人質になったお陰で、他の東南アジアの国は植民地から解放されたのです。

Emitanさんへの返事にも書きましたが、奴隷を神として祀る国が何処にあるでしょう。