あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

アンケートはお断わり

 NPO法人を開設して三年目になるが、めったやたらに調査やアンケートの依頼が郵便や宅急便で送られてくる。NPO法人とは正確には特定非営利活動法人というように、民間でありながら儲けを意識しない活動をする会社ということなのだ。ところがアンケートを送ってくるところというのは、国とか県のいわゆる行政機関で、それも委託先は役人の天下り先になっている何とか機構、何とか協会、何とか独立行政法人なのだ。それだけでなく、やっぱりというか当然というかアンケートの中身が全くくだらない。どうでもいいようなことを調査している。勘ぐっていえば、NPO法人を法の網から漏らさないようにするためか、その天下り先に何かを期待させるものばかりである。つまりはその天下り先機関が予算取りするための資料にするのであろう。全く人をバカにしている。行政を当てにしないで奉仕活動をしようとしているところに、税金を食い物にしているところからアンケートが来るのである。どうせ調査をするなら、社会福祉協議会や社会福祉法人などと、NPO法人とどちらがお金を使わず、地域に合った福祉活動をしているか調べてみたらいかがであろうか。昔、赤い羽根の共同募金の半分以上が人件費を含む経費に消え、問題になったことがある。乞食を三日やったらやめられないのと同じで、慈善事業で金を集めたら笑いが止まらないのだ。
 行政の外郭団体さんに言わせてもらおう。「あなた達の役目は終わりました。あとはNPO法人にお任せください」と。アンケートは何も書かずにそのまま送り返している。
by antsuan | 2005-03-17 07:35 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/18962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。