あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

ひとたび戦争になったら勝利に優るものは何もない

   【ひとたび戦争になったら勝利に優るものは何もない】
 これはマッカーサー元帥の言葉ですが、普遍的な事実を述べたに過ぎません。

 歴史というのは、勝利者が塗り替えることの出来る事象なのです。しかし、負けた者がまた次に勝てば、オセロゲームのように、過去の歴史は全て変わってしまうものでもあります。

 前に何度も書いていますが、外交とは、言葉でやる戦争のことであります。ですから、言葉で喧嘩を売ってきたら、それは戦争の始まりであります。

 我が国は、憲法において武力による紛争の解決を放棄しましたが、言葉でやる戦争は放棄しておりません。ですから、変な言いがかりをつけてきた国があれば、それは言葉でやる戦争を仕掛けてきたのですから、こちらは堂々と受けて立てば良いのです。

 平たく言えば、チャイナや韓国と国交を断絶すれば良いのです。鎖国ではなく逆征韓論であります。たしかに、国交を断絶したら、民間に多少の被害が出ることでありましょう。

 しかし、これは戦争なのですから、無傷というわけには行かないのです。既に我が国は、日本人としての誇りを大きく傷つけられております。これ以上傷を深くしては、子孫のためになりません。

 戦争ですから、相手の困ることをすれば良いのです。相手が仕掛けてきた戦争ですから、歴史を元に戻すために徹底的に打ち負かしてやりましょう。

 そもそも、いま休戦中の朝鮮戦争は、我が国には全く係わりの無い戦争であります。ですから、韓国にも北朝鮮にも距離を置くのが筋というものです。

 そして、武力による戦争は国力を大きくそぐものでありますから、イラク戦争を嗾けた小泉元首相のように、チャイナや米国に朝鮮戦争を嗾けましょう。もちろん難民も受け入れてはいけません。

 もはや、言葉でやる戦争は始まっているのです。そうです。ひとたび戦争になったら勝利に優るものは何もないのです。





 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2013-05-27 13:25 | 政治・経済 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/18855430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Emitan at 2013-05-27 17:44 x
ヨーク解りますが、どうして未だにチャイナに工場進出している日本企業が在るのでしょうか?怖く無いのでしょうか?不安で無いのでしょうか?
Commented by antsuan at 2013-05-27 18:01
・外務省や朝日新聞やらが嘘をつきまくって勧誘しているようです。北朝鮮への帰還政策とおんなじですね。
ヤマダ電機までやられてしまいました。
ヤオハングループもしかり。
Commented by junko at 2013-05-27 18:43 x
Ciao antsuan
言葉のけんかであっても、絶対に触れてはいけないところは、触れずに、やる。という大人のルールが守られるべきで、そんならつきあわない。相手の困ることをする。という力で力を制するやり方には賛成できません
人間は、もっと崇高であるべきだと、、
そして、リスペクトされないのは、ほぼリスペクトされない本人の責任であると思います
Commented by sweetmitsuki at 2013-05-27 19:32
>ひとたび戦争になったら勝利に優るものは何もない

たしかに、その通りだと思います。
だからこそ半世紀前、日本と中国は「戦争」という言葉を使わず「事変」という言葉を使い続けてきたのです。
それをしびれを切らして「戦争」に突入したのは日本です。
結果はご存じの通り、日本の大敗に終わりました。
今度は勝てるんでしょうか?
ちゃんとした戦略はあるんでしょうか?
民間に多少の被害が出るとおっしゃいまうが、どの程度の痛みに耐えなければならないのでしょうか。
Commented by antsuan at 2013-05-28 08:38
・junkoさん、相手が守っていないルールについては、こちらも守らなくて良いというのが、キリスト教的な大人のルールなのです。日本は大東亜戦争を戦った事によって、インドや東南アジア諸国、そしてイスラム諸国に信頼されているのです。キリスト教的には勝つ事こそが崇高なのです。相手の土俵で勝たなければ意味がありません。
Commented by antsuan at 2013-05-28 08:39
・戦略がなければ勝てるわけがありませんよね。
sweetmitsukiさん、同様な事が相手にもいえるのです。お金の力関係でいえば「円」は圧倒的に強いのです。経済大国の力を見せつければ良いだけです。
今、東京市場が乱高下していますが、それはドル売りの圧力がものすごく強い事を示しています。つまり、資本家はもう「ドル」を信用していないという事ですね。
Commented by junko at 2013-05-28 13:04 x
Ciao antsuan
苦笑 全く納得、同意できません
勝つとか負けるとか、っていうのもうやめる時代です
Commented by antsuan at 2013-05-28 15:04
・言葉でやる戦争に勝たなければ、東電の不正を正すことも出来ませんし、北朝鮮の拉致被害者もそのままです。
junkoさん、人類が共存し続けるには、勝って譲る精神が必要なのです。パクスロマーナがそういう時代だったのです。
Commented by junko at 2013-05-28 16:14 x
うーーん、やっぱり納得できない
戦争って言葉自体がすっごくひっかかる
人類が共存し続けるには、互いをリスペクトし、まさにその字のとおり、共に生きればいいのです

東電の不正とは、またちょっと別
あれこそ他の人の暮らし、健康をリスペクトしない、それこそ力大好きな人々の、彼らの弱さ故の仕業です
本当の意味の強さとは力を示し、相手を力でねじ伏せることではないと、信じます
太陽と北風のはなしのようにね、
Commented by antsuan at 2013-05-28 16:26
・もっとはっきり云えば宗教の問題です。
junkoさん、人間を人間と思わない輩が相手なのです。勝負するしかない。そうしなければ、アメリカ原住民やチベット民族のような目に遭うだけです。