あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

憲法記念日なんてやめてしまえ! 今の憲法は大日本帝国憲法の「改正されたもの」でしかない

 憲法記念日なんて云うものがあるから、今の憲法が金科玉条の最高のものと思ってしまうのではないでしょうか。

 ですから、安倍首相が本気で憲法を改正しようと思うのならば、こんな、主権回復の為されていなかった時代に、むりやり改正させられた憲法の記念日なんて、さっさと廃止してしまえばいいのです。

 そうする事によって、明治時代に創られた大日本帝国憲法も今の憲法に負けず劣らず、優れた憲法であった事が分かるでしょう。

 そもそも、戦後の学校では、大日本帝国憲法は国民の民意によって改正する事の出来ない欽定憲法であったと、教えてきましたが、今の日本国憲法がその大日本帝国憲法を「改正する」形式で行われたことからも、それは真っ赤な嘘であったことがわかります。

 つまり、嘘の憲法批評を学校教育で行ない、わざわざ記念日を制定して、現憲法が"改正"されたのではなく、あらためて制定されたかのように祝う事も、欺瞞に充ち満ちているのです。

 そして現憲法が、愚かな戦争をしてしまった"愚かな祖先"の民意の下に「改正されたもの」である事に気が付けば、主権者である国民の民意を問う、憲法改正そのものに反対する事が、いかに馬鹿げているか理解出来ると思います。


 東京新聞 TOKYO Web
各地で憲法記念日の集会 改正焦点、賛否熱く
2013年5月3日 18時17分
d0001610_2138916.jpg

 東京・銀座をパレードする護憲派の憲法集会参加者ら=3日午後

 日本国憲法の施行から66年を迎えた3日、憲法記念日の集会、イベントが各地で開かれた。安倍晋三首相は改憲の国会発議要件を緩和する96条改正に強い意欲を示しており、夏の参院選で焦点となる見通し。戦後日本の座標軸となってきた現行憲法は曲がり角に立つ。
 集会では改憲派は勢いづき、護憲派は危機感をあらわにした。
 改憲派「新しい憲法をつくる国民会議」は東京都新宿区で集会を開いた。同会議の清原淳平会長は「国民も首相が言えば動きだす」と自信を見せた。
 東京都千代田区での護憲派の集会では、民主党の大河原雅子参院議員が「日本を二度と誤った道に踏み込ませないようスクラムを」と呼び掛けた。
(共同)






  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2013-05-03 20:37 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(4)
Commented by sweetmitsuki at 2013-05-04 18:02
憲法改正すれば北朝鮮による拉致事件は解決するんでしょうか。
答えはノーです。
憲法改正すればフクイチの事故は収束するんでしょうか。
答えはノーです。
憲法を改正しようとする大人がいるから、今の若者は自分の生まれた国が愛せないんですよ。
愛国心とは恐ろしいものだと思ってるんですよ。
愚かな戦争をした?

1・どう考えても勝算のない戦争だった。
2・首都が消滅するまで戦争を続けた。
3・そもそも何のための戦争だったのか、いまだに統一見解がない。

キチガイじみた戦争の間違いじゃありませんか。
Commented by antsuan at 2013-05-04 19:55
・そうそう、そのキチガイじみた戦争をした、キチガイな祖先が改正した憲法なんて、どうみても、さっさと改正しなきゃならん代物じゃありませんか?

昭和の歴史を冷静に見つめ直せば、以下の事が分かります。
(一)宣戦布告がきちんと為されていたら、シンガポール陥落の時に停戦する事が出来た。
(二)米国大陸では首都どころか民族が抹殺されてる。
(三)勝者が認めないだけであって、人種差別撤廃のための戦争であった事は明らか。それが歴史的事実です。
Commented by sweetmitsuki at 2013-05-05 07:01
1・シンガポール陥落の時、枢軸国のドイツはヨーロッパの主要都市を制圧してるだろうという、獲らぬ狸の皮算用によるものです。
希望的観測に希望的観測を重ね、しかもそれがことごとく裏目に出たのが日米戦争でした。
2・○○よりはマシ、▽▽ではもっと酷かった。そういう話題のすり替えで自分のやった愚挙をうやむやにしてしまう言い分は感心しません。
3・朝鮮人女性を従軍慰安婦として戦場を連れまわしていたのに、人種差別撤廃のための戦争であったと思える神経が理解できません、
Commented by antsuan at 2013-05-05 07:45
・何度もいいますが、sweetmitsukiさん、そのような皮算用をしていた祖先、愚挙を行なった祖先、朝鮮人や東北の貧しい女性を慰安婦として、戦地に駆り立てた無神経な祖先が改正した憲法は、まともな憲法ではないと、断言できると思うのです。