あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

新しい世代の使命

 またまた台風が近づいてきました。日本では慣れっこの事になっていますが、アメリカ南部のハリケーンの方は大騒動のようです。考えてみればラジオや電話などの初期のIT革命で一番効果があったのは、この天気予報ではないでしょうか。日本海海戦の時に連合艦隊が発した電文「天気晴朗なれども波高し」は、実は天気概況だったと言われています。

 日本海海戦の大勝利のように小泉自民党の圧勝に終わった総選挙の熱狂もようやく冷めつつあります。しかし、政治の分野だけでなく、あらゆる分野で世代交代が起き、新しい世代の民意によって日本の世の中が変わろうとしています。バブルが弾けて十数年を経過してようやくデフレーションに歯止めがかかり始めました。

 新しい日本の夜明けといっていいのではないでしょうか。自殺者が毎年三万人以上にもなる厳しい社会のままですが、その間、世界を見渡せば相変わらず紛争に明け暮れて不況どころか社会構造の破壊が進んでいます。日本は足踏み状態だったのですが、他の国では何時か来た道へ後戻りしていたのです。
 
 米国のブッシュ大統領はイラク戦争という取り返しのつかない大失敗をしてしまいました。あれは何の目的だったのでしょう。中東の石油に影響力を保とうとしたのでしょうか。しかしハリケーンという天災によって見事に足下をすくわれてしまいました。ロシアもチャイナも北朝鮮も国内の体制を維持するために共産主義の名の独裁国家の道をまた歩み始めました。かろうじてヨーロッパだけが新しい世紀に向かって前進しようとしています。日本にとって失われた時代は終わりを告げたのです。
 
 新しいIT革命によって、日本が一番素晴らしい国である事を世界中の人が気付く事になるでしょう。日本がこれから気をつけなければ行けないのは、そのようなヤッカミと不法移民です。いま与党の一部で外国人にも選挙権を与えようと行動していますが、その政党の支援団体である名誉会長と呼ばれる人物は日本人でないからなのです。
 
 日本が日本人でないものに乗っ取られてしまったら、それはハゲタカファンドに食い物にされるのと同じ運命が待っています。新しい世代の日本人が国を背負う時代がやって来ました。彼らが良識を持ち合わせている事は先の総選挙でもはっきりしていますが、世界情勢を理解するにはいま一度、この国の歴史をじっくりと考えてみる必要があります。
 
 なぜなら、60年前に大英帝国やヨーロッパ諸国が没落し、いま米国が転がり落ちるように没落し始めました。その中にあって、これからの日本人は世界を平和へ導く牽引車の使命を背負う事になるからです。その自覚をしっかりと持って頂きたいと思います。
by antsuan | 2005-09-24 13:19 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(2)
Commented by sakapi at 2005-09-26 13:39 x
あんつあん ごぶさた あいかわらず頑張ってるようですね こちらのページ見ていただきありがとうございました ブログにもたまには釣りの面白いお話でもかいてくださいなー 
Commented by antsuan at 2005-09-26 20:12
釣の話を書きたいのですが、その前に艇の整備で忙しい・・。釣り船の邪魔をしないようにもっぱらトローリングで大物狙いをと、考えております。もちろん釣ったらブログで自慢させてもらいます。