あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

我が家の習わし

 今日は彼岸です。いつものように家族そろって墓参りに行きました。田舎だったら普通の光景だと思いますが、マンションが建ち始めた葉山ではもう珍しいことだと思います。

 お墓は祖父が亡くなったときから鎌倉五山の一つの寿福寺に持ってきています。俳句を作る方はご存知と思いますが、高浜虚子のお墓があるお寺です。祖父の親友であり義弟であった加賀谷凡秋は虚子の直弟子でしたから、多分その関係で寿福寺に祖父の墓を造ったのだと思います。祖父も新潟では高野素十とも親交が有り、恐らくホトトギスの同人であったのでしょう。俳号は可白としていました。
 
 もちろん住職とは親しくして頂いており、子供を連れていくと必ず子供達にお菓子をくださるのです。そんなわけで長男が中学三年にもなっているのですが小学一年生の三男がまだそれを楽しみにしているので、わざわざ家族そろって墓参りに行き必ず住職にご挨拶するのが、我が家の習わしになっております。
by antsuan | 2005-09-23 23:58 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(0)