あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

終わってみれば 初優勝!

 奇跡のような逆転サヨナラホームランで、勝利をもぎ取った、我が逗子シニアチームは、決勝戦に初めて駒を進めたというのに、強豪の平塚シニアチームが相手であっても、負ける気がしませんでした。

d0001610_1215568.jpg

 試合が始まる頃には、選手の親はもちろん、卒団したOBやその親たちまでも応援にやって来てくれましたので、気合いは十分溢れていたのです。ソワソワしていたのは、応援に駆けつけた父親たちかも知れません。

 始まった試合は、先行の我が逗子シニアチームがそうそうに点を取って、余裕の試合運びとなりました。平塚シニアチームも、こつこつと点を取って来るのですが、その次のこちらの攻撃で、確実に引き離すという展開でした。

 そして終わってみれば、九対ニで堂々の優勝です。

d0001610_1214851.jpg


d0001610_1214312.jpg


 諦めてはいけない!

 チームが一丸となって戦えば、本当に、奇跡だって起きるんです。これが野球の醍醐味なのです。

 学校ではなかなか得ることの出来ない、素晴らしい団結心を育む、このような活動こそが、健全な若者を育てて行くのだと思います。


 栄えあれ!逗子シニアチーム

 輝け!少年野球。






[祈りとは自然との対話のこと 
 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2013-03-25 01:54 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(6)
Commented by marsha at 2013-03-25 05:00 x
おめでとうございます。
良かったですねー、ホントに良かった。
野球少年君も笑みがこぼれています。
いや,お父さん、お母さん達の方が興奮の渦中に。
諦めてはいけませんね。つい最近もそんなことを書いた
本を読んだばっかりです。あれは何だったったなー?

一所懸命、無我夢中でプレイしている内に
運もツキもみんな見方しましたね。

あっぱれ息子君。
Commented by antsuan at 2013-03-25 07:31
・「やる気のない奴は帰れ!」と、直ぐに言う厳しい監督なのですが、その分、愛情も親以上にある、素晴らしい指導者です。
そして、今回はもう一つドラマがあって、監督は葉山消防署の署長をこの三月三十一日に定年退職することになっていて、逗子シニアチームの少年たちが、それに花を添えることが出来たのです。
全く、ドラマのような、記念すべき出来事でした。
Commented by Emitan at 2013-03-25 08:15 x
本人達にも親御さんたちにも監督にも一生忘れられない、エピソードに成る事でしょうね。
Commented by antsuan at 2013-03-25 09:42
・Emitanさん、うちの息子はラッキーボーイなので、必ず優勝すると思っていました。
そして、監督にとっても優勝は初めての経験なのでした。監督は、試合が終わってそそくさと帰って行きましたが、きっと家に帰って、自分の指導が間違っていなかったと、うれし泣きをしていたのではないかと思います。
こんな、素晴らしい監督に巡り合えて、息子も幸せ者です。
Commented by HOOP at 2013-03-27 08:00
おめでとうございます!
運は引き寄せるもの。努力の賜物です。
Commented by antsuan at 2013-03-27 13:54
・HOOPさん、有り難う御座います。
運をつかめる力を評価してあげたいと思います。

勝利の美酒は本当にうまい!