あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

大物狙い

並木の桜紅葉がぱらぱらと舞い落ちてきます。

 あちこちで秋の気配が本格的になってきました。このところ釣りに凝っているのですが、秋は青もののシーズンです。逗子葉山の磯辺でも結構大物の魚が釣れるようになってきました。葉山新港の岸壁でもイワシが直ぐ近くで飛び跳ねていて、その下にはイナダだと思われるような大きなのがちらっちらっと見えるのです。

 何とかそのような大物を釣り上げたいと挑戦しているのですが、よいところで小鯵程度にとどまっています。そこで、この間はエンジンの整備の間を利用してちょっと沖までトローリングをしてきました。仕掛けはヒコーキと呼ばれる水をはね上げて魚を誘き寄せるものと、潜行板という擬似餌を深く潜らせるタイプの二つです。

 エンジンの調子を見ながらスピードを上げたり下げたりしてやってみたところ時速10キロぐらいのスピードでシイラがヒットしました。長さは50センチぐらいのシイラとしては小物でしたが、まずまずの成果です。

 出来たらカツオかブリを釣り上げたいと思っているのですが、船の中を見たらいつの間にか、釣りざおや仕掛けで一杯になっていました。
by antsuan | 2005-09-22 13:02 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(0)