あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

葉山にも黄砂が襲って来た

 原付きの黒い座席が、黄砂で、黄色くなってしまうほどの酷い天気でした。

 それでも、木曜日のような花粉と明らかに違うのは、目に痛みが感じられないからです。

 とはいえ、花粉に黄砂、この春は予想以上に大気汚染に悩まされたようです。

 しかし、本当に怖いのは、明日で二周年になる東日本大震災によるフクイチ事故の放射能汚染です。今日も、放射能測定器を持って出歩いていました。

 おそらく、風の向きのせいでしょう、黄砂の舞う大気中ではほとんど反応はありませんでしたが、建物の中に入ったら、0.11マイクロシーベルトを観測しました。気を付けないといけません。


d0001610_1963178.jpg


d0001610_1962449.jpg


d0001610_1961951.jpg















  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2013-03-10 19:29 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/18062064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marsha at 2013-03-11 21:15 x
昨日の煙霧という日本のメディアのニュースはおかしいのでは?

Nevada report より:
>本当の汚染
昨日の関東地方の異常な空気は「煙霧」という言い方をされていましたが、一日たって明らかになったPM2.5濃度を見れば、あれは「煙霧」というものではないことがわかります。

10日14時

埼玉県
さいたま市西区   175
さいたま市熊谷市  107
さいたま市浦和区  105
さいたま市大宮市   90

千葉県
香取市  103
若葉区   86
柏市     84

100を超える猛烈な汚染だったことがわかりますが、肝心の東京都は?
数字が公開されていません。

目の痛み、のどの痛みからすれば、とんでもない濃度だったかも知れませんが、中国のように「知る必要はない」として公開されていません。

日本は今や異常事態に陥っています。<


Commented by Emitan at 2013-03-11 22:28 x
本当に危険な時は政府は治安維持を理由に情報操作をするのですね。
Commented by marsha at 2013-03-12 07:30 x
中国では過去最大級の砂嵐&汚染が発生しているとの情報です。
過去最大級の砂嵐・汚染(四川省成都)
12日以降、九州から関東を襲うかも。

Commented by antsuan at 2013-03-12 20:31
・marshaさん、もう日本の報道界はまったく信用できませんね。こういう歪曲した報道を平然と垂れ流しているんですから。

チャイナに限らず、大陸の人々は木を切ったら植林という概念がありませんから、住んでいるところが砂漠化するのは必然なんですね。
そうして住むところがなくなって、日本に攻めて来ることだって、当然、想定しておかねばなりません。

こちらは、手術後の目の回復が、この黄砂のせいで遅れてしまったような気がします。
でも、昨日、抜糸してきましたから、これで一安心です。
Commented by antsuan at 2013-03-12 20:33
・Emitanさん、もうそんなことは、先刻承知の擦れた人間になりました。
情報操作できるのは自分たちだけだと思っていたところが大間違い。
PC遠隔操作の真犯人にコケにされて慌てふためいていますが、第二第三の、日本版ウィキリークスが出てきて、闇の権力者たちは白日の下に曝し出されることでしょう。

だいぶ肉を切らせてしまいましたが、腐った権力者たちの骨を切るときが、間もなくやって来そうです。
Commented by marsha at 2013-03-14 07:49 x
Newsweek 3.19号  'PM2.5, 本当の恐ろしさ’より:
>WHOは、大気1立方メートル当たりに含まれるTSP(総浮遊粒子状物質)の重量が1日60〜90マイクログラムを超えない事が望ましいとしていた。その当時の東京の値は50前後で欧米の殆どの年と同様、基準値を下回っていた。<

今朝のニュースでは1立方当たり70マイクログラムを超えた時に地方自治体で警告を報道するとのことでした。
Commented by marsha at 2013-03-14 08:10 x
PM2.5は非常に小さいので人体の防御機能でブロックできない。
そのため肺や血液に直接侵入してくる。

紙のマスクやスカーフでは、PM2.5の粒子が小さすぎるので防御効果がない。 米国立労働安全衛生研究所の規格に合致した「N95」か
「P100」の高性能マスクが最適とのこと。
Commented by antsuan at 2013-03-14 20:54
・marshaさん、これって、セシウムなどの放射性物質にも当てはまるんでしょう? 恐ろしいことですよね。