あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

世界を読め! 尖閣は米国版アヘン戦争の可能性

 今、世界の経済は、近代の産業革命時代に似て、国際関係が複雑にからんできています。ですから、確固たる歴史観と人間観に裏打ちされた大局観が是非とも必要なのです。

          先週発行の週刊新潮より抜粋
d0001610_22562048.jpg


 米国とチャイナの貿易をみてみれば、アヘン戦争前の、大英帝国と清国との関係に酷似していることがわかります。

 大英帝国の場合は紅茶が輸入品目でしたが、現在においては、ほとんどの品目において完全な米国の輸入超過であり、チャイナに購入してもらっている米国債も、アヘンみたいなもので、このままでは本当に債務不履行になりそうな、米国の経済状況なのです。

 そういう身勝手な米国の人質として、チャイナは日本企業を狙い、大陸棚及びその周辺の尖閣諸島や沖縄を狙っているのです。

 そのことをよく理解しているので、現代のアヘン戦争を目論む米国は、チャイナを挑発する意味で、沖縄にわざわざオスプレイを配備しているのです。

 そして、もしチャイナが、漁船といえども尖閣諸島に乗り込んで占領したら、第七艦隊は日米安保を理由に戦端を開くことでしょう。米国にとって、沖縄や日本が攻撃の対象になればなるほど都合が良く、堂々と大義名分をかざして、二十一世紀のアヘン戦争をする事が出来るのです。

 注意しておかねばならないのは、米国は日本に対しても、防衛費として、莫大な請求書を突きつけてくることです。

 もしそれが嫌ならば、米国の手を借りずに、独自に尖閣諸島を守りきる必要があります。その覚悟が、今の日本政府に果たしてあるのでしょうか。




  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2013-02-15 23:00 | 政治・経済 | Comments(8)
Commented by Emitan at 2013-02-16 07:30 x
そんな覚悟ある訳無いでしょう!その前に憲法9条を帰る事が目的で、それだけで平和が維持出来ると思って要るのでは?早く米国の州にして貰わないと、日本国はチャイナの省ならまだしも、植民地にされて仕舞うのでは?チョット行き過ぎた意見でしょうか?
Commented by antsuan at 2013-02-16 08:33
・高杉晋作や勝海舟は、その辺のところを、しっかりと見抜いていたのだと思います。だから独立自尊を目指したわけですよね。
現代でも、ミニ高杉晋作や、マイクロ勝海舟が、国民の中にたくさん居ると思います。彼らがこのような電子媒体を使って国民に知らせ、米国やチャイナに警告を発することにより、第二のアヘン戦争は防げるかも知れません。
問題は、そのような情報の自由化を風評被害と称して、権力者が抹殺しにかかることですね。
Commented by hanaco at 2013-02-16 15:23 x
私がコメントすると、話が別の方向へ行きそうですが、でも、私がこの記事で気になるところは、『孤独』。ものすごく最近感じるんですよ、そんなにどこでもいつでも、誰かとつながっていなくてもいいんじゃないかと。一人になる時間、孤独な時間が、逆に、他人を思いやったり優しくできたり心を作るんじゃないかと。
Commented by antsuan at 2013-02-16 19:55
・hanacoさん、読書ってある意味孤独ですよね。自分を見つめる時間があってこそ、他人を思いやれるのじゃないかと思います。
でも、海にいると、その孤独な時間は自然との対話であり、神との対話でもあるような思いもします。
Commented by junko at 2013-02-18 03:42 x
ciao antsuan
hanacoさんの意見に激しく賛成
独りになりたくないからつるんでいる、そんなことやってるうちは、本当の優しさは生まれない
孤独な時間は大事です
Commented by antsuan at 2013-02-18 07:43
・junkoさん、自信がないと孤独は恐怖ですよね。苛め問題も孤独を我慢出来るかどうかの自立心に関係しているでしょうし、自分をしっかり見詰められないと、他人を正しく評価出来ないと思います。

ディンギー時代には、シングルハンドで葉山の海をウロウロしていましたが、正直言って、孤独に対する満足感と恐怖が入り交じっていましたね。
Commented by marsha at 2013-02-18 11:10 x
読書は嫌いではありません。このところ、目が痛いので文字が読めません。 眼科で診察は受けましたが、年齢相応だそうで、余りPCなど観ないようにと云われました。

未だ読みたい本は沢山積んであります。少しずつ読みます。

日本人に覚悟があるかと? 多くの人に覚悟なんかありません。
平和ボケです。 アメリカが助けてくれる、と一点張りです。
そんな虫の良い考えを何時からか日本人はするようになっています。
自分達で自分の国を守らなくて誰が犠牲を払うというのでしょう。



Commented by antsuan at 2013-02-18 21:48
・mrashaさん、わたしも読みたい本がどんどん溜まって行きます。(泣)

大局観を持っている政治家は果たして何人居るのでしょう。経済だけで騒いでいると、足下を掬われてしまいますね。