あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

病室にいるとわかりませんが、屋外は相当寒そうです

 朝の診察で、「ベッドに寝たままで居るとエコノミー症候群になるので、適当に歩くようにしてください」と、先生より指示があったのですが、やはり片目に眼帯をしたままでは、足下がふらふらしてしまいます。

 おまけに、最上階に行くエレベーターが、いま居る階からは出ていないので、あっちへうろうろ、こっちへうろうろと、余計目が回りそうです。

 そんなわけで、当たり前のことなのですが、病室で安静にしているのが一番落ち着きます。


       東京大学医学部付属病院の十五階より眺めた風景
d0001610_13242868.jpg







[ あなたが生まれたとき周りの人は笑って、あなたが泣いたでしょう だから、あなたが死ぬときはあなたが笑って、周りの人が泣くような人生を送りなさい ]
by antsuan | 2013-02-12 13:26 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/17813954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2013-02-12 18:59
病室を歩くしかないですね。
外は寒かったです。
Commented by HOOP at 2013-02-12 19:16
不自由ですが、新たな自由を獲得する過程と思って辛抱するしかありませんね。
Commented by Emitan at 2013-02-12 23:13 x
私は足腰が弱る事が気になって、一日二度いや退屈hな時はもっと、最下フロアーと最上フロアーを階段登り降りをして居ました。階段なら手摺が在るので目が不自由でも出来ますよ。
Commented by antsuan at 2013-02-13 07:35
・佐平次さん、退院したら散歩に励みたいと思います。
Commented by antsuan at 2013-02-13 07:36
・HOOPさん、まもなく退院ですので、もうちょっとの我慢。
Commented by antsuan at 2013-02-13 07:39
・Emitanさん、ところがこちらの病院では階段は使用禁止なんです。(泣) その辺の総合的な健康管理に大学病院なのに無関心なのですよ。問題あり。