あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

車窓からの田園風景

これは『江戸川土手を歩く』「収穫の秋と盗人」へのトラックバックです。

野も山も空も輝き稲むしろ                                加賀谷凡秋

 総選挙が終わって、戦い済んで日が暮れて、そんな感じのほっとした気持ちと空虚な気持ちが入り交じっている虚脱感を味わっています。ふっと我に返ってあたりを見渡すと、いつの間にか辺りは黄金色に染まり始めている。秋です。実りの秋です。

 この夏に家族そろって新潟経由で秋田の田舎へ行きました。日本海の風景もよかったけれども、やはり何といっても田園風景に心が和みます。子供たちにこの田園風景をしっかり目に焼き付けておいて欲しいと心の中で願いつつ、車窓から眺めていました。

 日本は経済が破綻しているなどと、選挙が終わっても相変わらず深刻な問題は山積みですが、今、地球規模で自然が破壊されているのを観ると、これからの本当の政治課題は環境問題ではないかと思うのです。

 諌早湾の干拓や、東京湾の埋め立てなど、日本でも環境破壊がどんどん進んでいるのが気になります。他の生き物との共存を考えるならば、日本の適正な人口密度を割り出してみるのも必要な事ではないでしょうか。この地球は決して人類のものだけではない事は明らかなのですから。
by antsuan | 2005-09-14 21:02 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/1781094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by knaito57 at 2005-09-15 17:09 x
トラバ、どうも。本場の田んぼの光景は壮観でしょうね。それをご家族そろって眺めるとは“眼福”というものでしょう。