あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

これから始まる小泉劇場

 国民自らが主役を演じた9.11小泉劇場の幕切れは観客総立ちの大歓声のうちに終わった。小泉総監督の大勝利である。

 4年前の同時多発テロでの世界貿易センタービルのように、日本の古い体質の政治勢力は見事に瓦解した。世界中が日本は変わったと感じる事だろう。あるいは日本海海戦に勝利したのと同じ衝撃をもって受け止めているかも知れない。

 日本国民の気持ちにブレはない事を世界に証明した今回の総選挙の意義は大きい。日本国民の民意を侮るなかれ。ブッシュ大統領も胡錦涛国家主席も盧武鉉大統領も、うかつに日本を苛める事が出来ないと悟ったに違いない。
 
 外交問題について、国民は白紙委任をした訳では決してないが、それでも小泉総理は国際関係の仕事もやりやすくなった。堂々と靖国神社へ参拝したまえ。北朝鮮への経済制裁をしたまえ。自衛隊のイラク駐留を続けたまえ。
 
 恐らく、その国際的緊張を足がかりに日本の歴史に名を残すべく、憲法改正に突き進むであろう。郵政民営化は引退の花道ではない。忘れちゃいけないょ。小泉純一郎主役の劇はこれから始まるのだ。
by antsuan | 2005-09-12 19:37 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/1765510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。