あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

そろそろ人間再生計画

            森戸海岸の朝日の当たる家
d0001610_22104854.jpg

         葉山マリーナのバス停留所から見た富士山
d0001610_22105693.jpg


 本日、東京大学の偉い先生が、いつものかかりつけの医院に来ていたので診察を受けたところ、薬を飲んでも眼圧が下がっていない現状では、早めに手術して眼圧を下げないと二三年で失明してしまうと、いわれました。

 そこまではっきり言われれば、手術をしないわけには行きませんので、仕事を工面して、早めに東大病院で手術を受けることにします。

 また、鍼灸の治療院にも午後に行ってきまして、こちらは初めての治療だったので、その効果は未知数ですが、ある程度は希望が持てそうです。

 昨年度は薬代やら治療費が十万円を超えてしまいましたが、どうやら今年も医療費はうなぎ登りになりそうです。これもインフレターゲットの効果の一つなのでしょうか。景気浮揚の一助になると思えば、少しは諦めもつきます。




 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2013-01-19 22:28 | 身の回り・思い出 | Comments(10)
Commented by Emitan at 2013-01-19 23:28 x
良かった!!治療法が在ったのですね。以前は諦めるしか無かった緑内障だけど、医学は進んでいるのですね。リュウマチも完治はしないけど殆ど治る様になったし、膠原病も治療法が在るようだし、今年は良い年に成りますよ。
Commented by junko at 2013-01-20 00:49 x
Ciao antsuan
眼圧が高いのは怖いですから
気になることは、早い内に対処してしまったほうが、気分的にもすっきりしますよね
今は医学がすごく進んでるから、昔の様に目の手術といっても
怖くないですもんね
早く治して、またすっきりとした視界で富士山を仰ぎ見てください。

お大事にしてください
Commented by marsha at 2013-01-20 07:13 x
治療法が見つかって良かったですね。 
良いドクターに徹底的に観て貰って気分的にも
すっきりして下さい。

多分、鍼治療も功を奏するでしょう。 完治しなくても
適当に付き合っていくのが良いでしょうね。

ご無理をなさいませんように。呉々もご養生を。
Commented by saheizi-inokori at 2013-01-20 10:14
視力を失うのはつらい。
仕事は二の次にして直してしまいましょう^^。
Commented by inuman at 2013-01-20 19:20 x
海の男、硬派のあんつぁんは今のナンパな世の中を見たくないのかもしれませんね。
でも、あんつぁんみたいな頑固オヤジがめをつぶってしまってはますます世の中ナンパになるばかり。
ここはひとつ、ご家族のためにも、どうにか踏ん張ってくださいませ。
Commented by antsuan at 2013-01-20 21:39
・Emitanさん、撮りあえず出来ることは何でも試してみようと思います。
そうそう、リウマチも膠原病も東洋医学のほうが進んでいましたね。最近ようやくその原因の因子がわかったので、西洋医学も追いついてきたようですが。
緑内障も多分同じ経路を辿って西洋医学的治療法が確立するものと思われます。
Commented by antsuan at 2013-01-20 21:39
・junkoさん、有り難うございます。
目の手術はそんなに難しいものではないようなのですが、東大の医者といえども、病人を治すのではなく病気を治すだけのようです。眼科というより眼球科といった方が正しいみたい。(-_-#) 
Commented by antsuan at 2013-01-20 21:40
・mrashaさん、これからしばらくはブログのほうもかなり不定期になるやと思いますので、宜しくご了解下さい。
Commented by antsuan at 2013-01-20 21:40
・佐平次さん、わたしもせっせと散歩するようになりました。
一応来期からは事務部長という役職を創り、ベテランに任せることになっております。という事で、仕事の任は軽くなるはずです。
Commented by antsuan at 2013-01-20 21:41
・Inumanさん、この間、県の保健所の実地指導について来た、市の介護保険課のお役人は、訪問介護のヘルパーがNPO法人のボランティア会員として無料奉仕しているのをみて、「こういう方法で儲けているのか」とほざいておりました。
メンタマが飛び出はしませんでしたが、眼圧は当然下がらなくなりました。

患者さんの気持ちを理解するには、病気になるのが一番。病気に罹ったのは、反省が足りない証拠と思っています。