あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

斜陽の国、米国。


 ぽつぽつと 酒酌み給へ 十三夜
                                               可白

二十一世紀は間違いなく米国にとって没落の世紀となる。

 技術とか、能力とか、資金力なども大切だが、それよりもまして重要なことは運の強さである。今、運の強い男が日本に居る。言わずと知れた小泉総理だ。それと同時に運のない男が米国に居る。ブッシュ大統領だ。
 
 郵政民営化の中身は空っぽでも、自民党を改革政党に変えた男は、きっと国の憲法をも変えてしまうだろう。

 一方、軍事力を世界に見せつけたブッシュ大統領だが、ハリケーンの自然の威力には勝てなかった。ブッシュの敵からすれば、ハリケーンはまさに神風に思えたことだろう。
 
潮目が変わったのだ。
by antsuan | 2005-09-10 23:09 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/1752278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。