あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

第三局はどうした?!

 今回の総選挙は投票率の低さといい、自民党の大勝といい、「最高裁の罠」を読んだものとしては、不正選挙の匂いがぷんぷんしてなりません。

 そのせいでしょうか、第三局といわれる政党が、完璧にガタガタになってしまっています。これでは不正選挙を追求することは不可能に近いと思います。

 しかし、困難を打ち砕く不屈の精神を民衆は必ず持っていることを忘れてはなりません。

 それともう一つ、自然の祟りを侮ってはならないのです。日本は、地震や火山の噴火などの地殻変動が活発化してきた時代に突入したようです。

 民衆の怒りと自然の祟りから、日本人は鎮魂の精神を学び取ってきたはずです。

 ここで第三局の政治家が声を上げ続けなければ、本当に日本は沈没してしまうことでしょう。声無き民衆は、また、ネット市民は第三局の政治家の活躍を渇望しているのです。




 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2012-12-26 23:57 | 政治・経済 | Comments(2)
Commented by marsha at 2012-12-28 09:09 x
第三極は訳の分からない政党が乱立しており、挙げ句、自民党が四割近い不支持率がありながら当選したわけでしょう。 
安倍政権は原発やります、tppやります、大増税やります、アメリカの云う事は素直に聞き入れます。ハイ、何でもやります。自衛隊は国防軍に、これでアメリカの完全なる植民地になります。
あー、何と云う事!
Commented by antsuan at 2012-12-28 10:43
・第二局(極)が消滅の危機に瀕しているのですから、第三局(極)が形成されるわけもありませんね。
官僚たちの学習能力には素晴らしいものがありますから、傷物の安倍内閣を操るのは苦にならないでしょう。ですから、鉄は熱いうちに打てで、アベちゃんは一刻も早く憲法改正に着手するべきです。