あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

穏やかな投票日

 昨日の日曜日は衆議院選挙の投票日でした。腐敗してしまった日本の政治を、何としてでも、正常に戻したいと願って、新潟に下宿している長男を呼び寄せて、一緒に投票所まで足を運びました。同じ思いの人々がたくさんいるのでしょう。ここ葉山の投票所では列こそできませんでしたが、有権者がひっきりなしに訪れていました。

 有権者の権利を行使して、帰路につく途中、最近は新潟の日本海の荒海しか見ていない長男のために、相模湾の穏やかな海を見に、森戸海岸まで足を伸ばしました。

 こうして家族一緒に海岸へ行くのは、今迄は、初詣のために森戸神社へ行く時ぐらいです。ですから、のんびり歩いていると、ついつい正月休みの錯覚に襲われるほどでした。


d0001610_1516524.jpg

 投票結果がどうであれ、地球の営みは変わらず、日はまた昇り、伊豆半島の向こうに日が沈みます。

 「我思うゆえに我在り」 日本が変わるかも知れない、大事な一日であっても、世間の動きに関係なく、家族の絆を確かめることの出来た、貴重な一日でした。






[祈りとは自然との対話のこと 
 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2012-12-17 17:15 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/17446164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。