あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

歴史は 小沢一郎裁判を 文民官僚によるクーデターと評するだろう

東京新聞
【社説】
  小沢代表無罪 検察の“闇”を調べよ
                         2012年11月13日
 「国民の生活が第一」代表の小沢一郎被告は、二審も「無罪」だった。問題は検察が市民の強制起訴を意図的に導いた疑いが晴れぬことだ。生ぬるい内部検証では足りず、国会が徹底調査すべきだ。
 そもそも、なぜ小沢氏は強制起訴されたのか。一審に続いて、二審も無罪判決が出た今、あらためて市民による検察審査会の判断に立ち戻ってみる必要がある。
 資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、小沢氏を政治資金規正法違反に問うことの是非について、東京地検は二〇一〇年二月に不起訴とした。検察審は同年四月に「起訴相当」と議決し、再捜査を迫られた検察は、また不起訴の判断をした。
 問題はこのときだ。再捜査の過程で、小沢氏の元秘書石川知裕衆院議員を再聴取したが、作成された捜査報告書はでたらめだった。「(石川議員が)検事から『うそをついたら選挙民を裏切ることになる』と言われたのが効いた」など、架空の内容が書かれていた。
 石川議員がICレコーダーで録音していたため、一問一答形式の文書が明白な虚偽であると判明したわけだ。さらに当時の特捜部幹部が小沢氏の供述の不自然性などについて、捜査報告書をつくり、検察審に提出した。「小沢の共謀を推認する積極証拠となりうる」などとも記されていた。
 本来は不起訴にした説明をする検察が、市民を強制起訴するよう誘導したと、受け止められてもやむを得ない内容だといえる。一審判決では「事実に反する捜査報告書で検察審査会の判断を誤らせることは許されない」とまで指摘されたほどだ。検察の恣意(しい)的な手法を断罪したに等しい。
 だが、今年六月に最高検がまとめた報告書では、「(検事の)記憶が混同した」「故意ではなかった」などと結論づけ、市民から告発された検事すべてを不起訴処分にした。かつ、今も報告書をホームページなどで国民に広く知らせていない。あまりに身内に甘すぎる調査結果であり、真相はなお“闇”の中にあるといえよう。
 検察審制度そのものへの冒涜(ぼうとく)に近い問題が露呈している。「記憶の混同」が許されるなら、どんな報告書もまかり通る。もし、検察のシナリオどおりに進んだとしたら、司法の汚点になるどころか、司法改革自体が台無しになる。
 検察が暴走したら、どう食い止めるのか…。根源的な問いも、この事件は投げかけている。


 政治家小沢一郎裁判は、文民官僚によるクーデターであるといって間違いない。

 しかし、二度の無罪判決は、このクーデターがかろうじて未遂に終わったことを意味している。

 二・二六事件の時は、昭和天皇の指揮権(統帥権)発動によって、クーデターが未遂に終わったが、軍部の暴走が続き、日本の崩壊につながった。

 今回のクーデターも、その処理を謝ると、再び、日本は存亡の危機に立たされることになるだろう。






 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2012-11-13 12:40 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(4)
Commented by marsha at 2012-11-14 07:03 x
こんな酷いことが平気でまかり通っている日本に将来はないのでは?
検察がこれでは。

>小沢裁判とは政治家、官僚、メディアがグルになって意図的に一人の政治家の政治生命を奪おうとしたという最も深刻な権力犯罪ではなかったか。

 この事が解明されない限り小沢裁判は終わらない。<
Commented by antsuan at 2012-11-14 16:46
・全く酷いものですね。しかし、日本の将来を悲観することはありません。

権力者がどれだけ情報の隠蔽を諮ろうとも、市民による、草の根ネットメディアがそれを許さなくなってきているからです。

これからは、市民の手で、権力の犯罪、即ちクーデーターを起こした首謀者を、処罰する時代になると思います。

司法、立法、行政の三権において、直接民主主義の時代がやって来ているのです。
Commented by Emitan at 2012-11-15 18:00 x
無罪?判決でも此の騒ぎで、日本の政治の流れが変わったのは間違い無いと思いますが、この責任はどう追及できるか、如何お考えですか?
Commented by antsuan at 2012-11-15 21:59
・Emitanさん、間違いなく、この騒ぎで日本の政治が変わりましたね。しかし、その陰にはネットメディアの力を無視出来ません。
責任追及というより、彼らを退陣させることが、まず第一歩でありましょう。