あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

【フクイチ四号基の燃料保管プール崩壊の恐れが予想される】

 相変わらず、福島県近辺では震度四以上の地震が起きています。そのような状況の中で、建屋直下の地盤を、メルトダウンした放射性のウランやプルトニウムが、熱でどんどん溶かし続けているとしたら、必ずや建物は倒壊する事でしょう。

 全く恐ろしい事です。
         
           ガイガーニュースより転載
ガイガーニュース
2012年10月23日火曜日
元スイス大使村田光平氏より「4号機建屋傾きが激しい」との連絡-ガンダーセン氏 - ENENEWS
アメリカ原子力技術者のアーニー・ガンダーセン氏は、元スイス大使村田光平氏より「4号機の建屋の傾きが最近になり激しくなってきている」と連絡があったと公表した。信頼できる情報源かどうか確かめるため、村田氏にEメールを出した。

d0001610_19351867.jpg

           元スイス大使 村田光平氏

村田氏によると

「4号機の建屋の一部が80cm沈んでいる、と菅直人元政策秘書の松田光世氏から連絡があった。松田氏に電話連絡すると、松田氏はこの情報を原子力機関の高官から得たと言い、メルトダウンの可能性を示唆したという。4号機は地震直後に90cmほど沈んだが、最近になって傾きが悪化し、 建屋の一部だけ80cm沈下している」

建屋が水平に沈下するのではなく、一部だけ沈下しているのは深刻な状況である。建屋が傾いているというのは、事態の悪化を招きかねない。

元記事:ENENEWS Gundersen: Japan ambassador confirms Fukushima Unit 4 is sinking unevenly — Building “may begin to be tilting” (AUDIO)





  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2012-10-24 20:22 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(0)