あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

悟りとは・・

    今日の東京新聞朝刊より 新聞記事をクリックすると大きくなります
d0001610_23565479.jpg


悟りといふ事は 如何なる場合でも 平気で生きて居る事であつた


 死に急ぐ子供達にこの様な事を悟らせるのは酷な事かも知れない
                       








  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2012-09-20 23:55 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/16850492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2012-09-21 08:30
・障害のある人でも平気で生きて行ける社会が理想なのでしょうが、いまでは、健康な精神を持つ人が生きていけない世の中になってしまいました。
やっぱり、おかしい。
Commented by Emitan at 2012-09-21 08:32 x
生きる事は楽しい!生きる事は苦しい!生きる事は大変だ!でも授かった命で体なのだ!世の中不平等だ境遇も能力も見栄えも体力もそして運も 私は母親から過保護に育てられ20歳代迄は甚だしい虚弱体質でした。尾瀬ヶ原では1時間も歩けなく座り込んだ事も在りました。でも家内の姉さんの紹介で、健康療法を知り、1年半毎週通い、その結果運動する気力が出て来て、アスレティックに通える様に成り、水泳教室に通い、エアロビクスを始め!リタイヤーした時は終業後週5日はエアロビ教室通い(Emitanビル1階)水泳も1㎞泳げるようになって居ました。此れは運とそれを受け入れた決断そして続けた事の結果だと思います。でもね運が悪い人は何をやってもダメなのかな?それでも前向きに生きて行く事大切なのでしょうね?乗り切る力:受け入れる力家内のお母さんは50歳からALS(筋委縮側索硬化症)で20年掛って衰弱して死んで行きました。でも洗礼を受けていた彼女は全てを受け入れて、周りを気遣う余力が在ったのでした。悟事は大きい事でもでも避けて通りたい凡人です。
Commented by Emitan at 2012-09-21 08:37 x
削除出来ました!健康な精神そして健康な肉体でも生きて行けない・・・それが日本だけでは無くいや未だ日本は良い方だと言う事はそろそろノアの方舟登場なのかな?それにしてもコメント早かったですね。
Commented by antsuan at 2012-09-21 13:10
・Emitanさん、こちらが書き込みしている時に何か削除したのですか? 順序が逆になっただけのようですけれど・・。

そろそろ不二のお山が怒り狂うのではないかと心配しています。
Commented by saheizi-inokori at 2012-09-21 20:03
子規は悟りを得ましたね。
なかなかそのときにこうは思えないものです。
Commented by antsuan at 2012-09-22 06:54
・佐平次さん、文学って悟りそのものなのかも知れません。
文学こそ究極の学問というのは本当の事だと思います。