あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

西日が痛い初島沖

 一週間前から、海象、気象の情報を収集して、意気込んでスタートしたのですが、スタート直後の第一マーク回航時にも、潮に流されてダントツのビリ。その後、通り雨の風をつかんで、なんとか先行艇に追いついたというのに、初島を前にして、凪に捕まり、ご覧の通りの西日がまぶしい日没を迎えてしまいました。


  風を待つ事も、船乗りの精神なのであります。
d0001610_625251.jpg

  あれが初島なのですが・・。
d0001610_625636.jpg

  初参加の仲間も手持ちぶさたで苦笑い。
d0001610_63067.jpg

  富士山に雲がかかっているのですが、ここまで風がやって来ません。
d0001610_6335.jpg


[祈りとは自然との対話のこと 
 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2012-09-17 06:16 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/16825851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HOOP at 2012-09-17 06:54
日没までの2時間ほど、ずっと沖を眺めていましたが、
ヨットは1杯も見えませんでしたので、コース短縮だったのかな?
などと考えていました。
Commented by saheizi-inokori at 2012-09-17 06:55
自然のままに、ですね^^。
初島、懐かしいですよ。
Commented by antsuan at 2012-09-17 15:46
・HOOPさん、立派なレース仕様のクルーザーでも身動きが出来ないのですから、凪は恐ろしいです。まさに相模湾は太平洋でした。
Commented by antsuan at 2012-09-17 15:47
・佐平次さん、残念賞で初島のホテルの宿泊券をいただきました。
仲間で行ってみようと思います。
Commented by eWIND at 2012-09-17 21:39 x
お疲れ様でした
風があってもいやだけど凪にはまいっちゃいますよね
こういうレースは精神衛生上よくないです、お体かわりありませんか(笑)
Commented by antsuan at 2012-09-17 23:16
・eWINDさん、うちの船だけかと思っていたら、レース艇までもが初島の周りに団子状態になっていたんですから、本当にビックリです。
ペットボトル2本じゃ足りませんでしたよ。熱中症になりそうでした。(^.^;)