あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

世界は混とんとしている 日本がチャイナを牽制すべし

 産経ニュース
背中にケガ? クリントン長官との会談中止で飛び交う憶測 中国副主席
                       2012.9.6 01:38

 【北京=川越一】中国の習近平国家副主席は5日、訪中しているクリントン米国務長官らとの会談を急遽キャンセルした。今秋の共産党大会で胡錦濤総書記(国家主席)の後を継いで最高指導者となる人物とあって、異例の事態にインターネット上では臆測が飛び交い、中国側は火消しに躍起となった。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は米政府当局者の話として、会談中止は副主席の「背中のケガ」が原因だと伝えた。負傷理由や程度は不明。フランス通信(AFP)は、シンガポールのリー・シェンロン首相やロシア高官との会談も中止したと伝えた。

 中国版ツイッター「微博」などでは、「日本政府の尖閣諸島購入と何か関係があるようにみえる」「軍事作戦でも準備しているのか?」といった書き込みがあったという。また、背後から刺されたことの比喩ととらえ、「政変ではないか」との見方も広がった。

 AFPによると、中国側がクリントン長官との会談中止を申し入れたのは4日深夜だったという。楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)外相は5日、「不必要な臆測はしないよう望む」と述べたほか、外務省報道官も通常の「日程調整」だと強調し、火消しに走った。


 国際情勢は混とんとしていることを、日本の国民は忘れてはなりません。アメリカの大統領選挙も候補者の票は拮抗しているようですし、欧州はロンドンオリンピックが終了して、ユーロ危機が深刻の度を増すことでしょう。

 そして、尖閣問題で覇権国家むき出しのチャイナはこの様な有り様です。

 それにしても「背中のケガ」という米国側の話は意味深長といえます。この記事にもあるように、背後から刺された=権力内部の裏切りにあった、と想像するのが自然のように思えます。

 もし、ここで日本が世界の主導権を握るとするのならば、手始めに自民党総裁には小泉進次郎になってもらう必要があります。そしてチャイナを牽制するのです。

 今の世界的経済停滞は大胆な発想転換が必要なのです。その一つが、近代で起こった帝国主義の完全否定でありましょう。





 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2012-09-06 05:44 | 政治・経済 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/16758945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cocomerita at 2012-09-06 16:03
Ciao antsuan
今の日本人に、中国が御せるとは思えません

戦前から戦後の精神の腐敗を建て直すのには
まだまだ時間がかかると思います
そう云う時間が日本に与えられるとしたらね
Commented by Emitan at 2012-09-06 20:00 x
多分日本がぼやっとしているから中国は沖縄をそそのかし、独立させて米軍を追い出し、その後に吸収する事でしょう。尖閣諸島なんて本の一部です。
Commented by Violet at 2012-09-07 03:29 x
小泉進次郎は駄目です。親の売国奴の言われるとおりでそのものです。
瓦礫拡散にも積極的でした。
そもそも福島第一原発の安全装置をはずしたのは小泉政権だったり。切り無いです。
http://blogs.yahoo.co.jp/shion1082001/46331828.html#46331859
この方の話は本当のような気がします。
Commented by antsuan at 2012-09-07 07:00
・cocomeritaさん、そうですね。かなり時間がかかるかも知れません。
いまわたしが言っていることは、明治維新直後の征韓論とおんなじで、機が熟していないともいえなくもないのですが、肝心のチャイナの方では、国民が目覚めてきていますから、きっかけさえチャイナの民衆に与えれば、炎上どころか、本当の民衆革命が起きる可能性が秘められているのです。
いずれにしても、日本国内のことばかり考えないで、世界情勢をみながら、我が国民は行動する必要があります。
Commented by antsuan at 2012-09-07 07:00
・Emitanさん、わたしだったら、チャイナがこれ以上尖閣に手出ししてきたら、台湾独立を認めると声明を出しますね。
そして、台湾、チベット、ウィグル自治区、内モンゴル自治区の民族に武器援助をします。
それだけで共産党政権は震え上がることでしょう。
問題は日本が武力を使う覚悟を示すことです。
チャイナはますます軍事資金が必要になって民衆を苦しめ、かつてのソビエトのように内部崩壊しますよ。経済戦争に持ち込めば日本の勝ちです。凸(`_')
Commented by antsuan at 2012-09-07 07:00
・Violetさん、国際情勢を見極めた上での国家戦略が必要な時期です。
小泉純一郎だって、女性天皇を認めようとしたり、いろいろ失敗はしましたが、基本がしっかりしていたから、チャイナには手出しさせなかった。

指定のブログへも行ってみましたが、時代考証というものを理解していない方のブログですね。武器商人?どこが悪いんです。坂本龍馬だって武器商人だったんじゃないですか。
ヤクザであろうと、犯罪者であろうと、国民から選ばれた立派な国会議員です。

小泉純一郎は官僚が牛耳っているムラ社会の資金源を断とうとしたのですよ。郵政公社が日本の国債を買わなかったら、特別会計なんて成り立たなくなっちゃうのですからね。
Commented by Emitan at 2012-09-07 21:00 x
なるほど!良いアイデアみたいだけど、現在の台湾大統領はチャイナべったりでは無かったかな?
Commented by antsuan at 2012-09-07 21:11
・Emitanさん、台湾の馬総統はチャイナよりだったのですが、進出した台湾企業がどんどん倒産するに及んで、距離を置き始めています。加えて、金門島で共産党軍を撃滅したのが元日本軍の根本博中将だったことがわかり、日本に対する認識を改めたと思われます。