あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

チャイナの民族弾圧に黙っていていいのだろうか

d0001610_17114738.jpg

          月刊ボイス九月号より抜粋

 大虐殺をしたとか侵略をしたとか、我が国を批難している中華人民共和国こそが、最も酷い民族弾圧を今でも続けているのです。

 そのことを絶対に忘れてはならないし、しっかりと頭の中に入っているのならば、我が国は自主独立の戦いをしている民族を助けるべきです。もっとはっきり云えば、弾圧を受けている民族に対して、軍事援助を実施する必要があります。

 このような少数民族への支援こそが、尖閣諸島問題や竹島問題を解決に導き、日本が平和を維持するために必要なのです。また、こういう戦略的思考をもたないと、国際関係における、大人の付き合いは出来ません。



[ あなたが生まれたとき周りの人は笑って、あなたが泣いたでしょう だから、あなたが死ぬときはあなたが笑って、周りの人が泣くような人生を送りなさい ]
by antsuan | 2012-08-31 17:18 | 政治・経済 | Comments(6)
Commented by HOOP at 2012-08-31 22:29
あっはっはっは!

私が7年前に北京で滞在したのが「民族干部学院」。

最高級の施設で学ぶ少数民族のエリートは、
当然、共産党中央部への忠誠心を試され、
地元に帰れば「民衆の誤った認識を正す」立場になります。

それはもう、素晴らしい施設でしたよ。
ネットも使い放題でした。
Commented by 高麗山 at 2012-09-01 10:34 x
一星紅旗の国へ戻せと言うことでしょうか!
少なくとも、チベット、内モンゴル、新疆ウイグル地区は
五星紅旗の支配から外して遣るべきです。。。
Commented by antsuan at 2012-09-01 10:56
・HOOPさん、コメントの意味がよく分かりません。
少数民族の弾圧はないと云うことなのでしょうか。
文化大革命のようなインテリの抹殺よりも、若者の洗脳が進んで、少数民族は既に同化していると云うのでしょうか。
Commented by antsuan at 2012-09-01 10:56
・高麗山さん、本来、日本がちょっかいを出すようなことではないのかもしれませんが、米国原住民族やハワイ王国の現実を知るものとして、無視するわけには行かないと思います。
Commented by HOOP at 2012-09-01 21:39
共産党中央は、自分たちの言うことを聞くような少数民族指導者、つまりは共産党地方幹部を、相当力を入れて養成しているということを言いたかったのです。
実際の弾圧に手を染めているのはそういう人たち、つまり同じ民族の出身者なんですよね。
Commented by antsuan at 2012-09-01 22:17
・一昔のコミンテルンのやり方をそのまま踏襲しているというわけですね。
HOOPさん、鳩山由紀夫や菅直人も同じたぐいの教育を受けているような気がしますよ。