あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

人種に好き嫌いはないけれど 国家については別だ

 日本という国は外交下手の国といっていいと思う。はっきり云って、それは日本人が平和志向の人種だからなのだ。つまり、物事を出来るだけ性善説的な思考で処理しようとする。

 しかし、多くの国ではそういう思考で外交をしない。謀略なき政治を政治とは考えていない国がほとんどなのだ。

 従って、謀略的政治が普通となっている国について、嗜好的な判断をするならば、嫌いだとはっきり云いたい。

 その最たる国が韓国であり、チャイナである。では、何故この両国が大嫌いかといえば、我が国と戦って勝った国でもないにも係わらず、戦勝国面をしているからなのだ。

 朝鮮進駐軍と称して、日本国内で掠奪や強姦など、好き勝手なことをした朝鮮人に対して、マッカーサーが「第三国人」といったわけはここにある。日本国政府は、韓国や北朝鮮、それに中華人民共和国に対して、堂々と言ってやればいいのだ。日本はお前たちと戦って負けたのではないと。

 また、戦後生まれの日本人に対して、日本が何処の国と戦って負けたのか、正しい歴史教育をすることが、外交という言葉でやる戦争に勝つ、最善の手段であると考える。

 日本国憲法において、我が国民が勘違いしていることの一つに、戦争放棄があるけれども、放棄したのは武力による紛争解決であって、言葉でやる戦争を放棄してはいないのだ。

 逆にいえば、武力を使用しない変わりに「言葉での戦争」によって紛争を解決することが、憲法上義務づけられているのであって、そのことを、我が国民はしっかりと認識しておかねばならない。





 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2012-08-29 17:15 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/16712340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sweetmitsuki at 2012-08-29 19:53
私も学生時代は歴史の授業が大嫌いでしたし日本史に興味もありませんでした。
あんなつまらない歴史教育を受けている(しかもすべてウソ)若者がかわいそうです。
あんつぁんには草の根記者の義務として、今の若者に正しい歴史を教えなければならないでしょう。
日教組とか他人任せにしてはいけませんよ。
Commented by antsuan at 2012-08-29 20:01
・藤原正彦お茶の水大学名誉教授も、mitsukiさんと同様のことを述べていますね。 歴史はけっしてファンタジーではありませんから。
Commented by Emitan at 2012-08-29 22:05 x
処で言葉による戦争は武力を使える子事が前提でなきゃ途中で逃げ出す事に成るのでは?軍隊の無い独立国等在りえないのでは?今まで六十余年が異常なのでは?お蔭で経済成長出来ましたがね。
Commented by sweetmitsuki at 2012-08-30 06:30
日本はもともと水産国でしたから、隣国との国境付近で操業する漁船の乗組員の安全を国が保証できなければいけないと思うんです。
日本の漁業が衰退してしまったのは、そこが原因のひとつに挙げられるのではないでしょうか。
日本人のタンパク源を畜肉で賄うとすると、家畜の飼料まで国内生産できるほど日本の国土は広くないですから海外に依存せざるを得ないのが現状です。
日本が経済成長の代償として失ったものはかなり大きいのではないのでしょうか。
Commented by antsuan at 2012-08-30 17:06
・Emitanさん、もちろん武力による抑止力も必要なのですが、それに頼り過ぎたのが、日露戦争後の日本だったように思うのです。
富国となったいま、強兵に走るのではなく、強民を保ち続ければ、言葉でやる戦争だけで相手を打ち負かすことが出来ると思います。ただし、これも兵を零にして良いと言う意味ではありません。
Commented by antsuan at 2012-08-30 17:07
・日本の食文化が世界一であることは世界中の文化人が認めるところですが、鯨肉においても、そのうちヨーロッパのほうから認知される日が来ると思いますよ。

人工衛星の細かい部品の駆動部分には鯨の油が使われているそうです。少なくとも、反捕鯨を掲げている米国の人工衛星に鯨の油を使っていたら、猛烈に抗議するべきですね。
Commented by junko at 2012-08-30 20:33 x
CIao antsuan
日本の外交下手は目を覆う物があります
それは、平和主義なんていうもののせいではないと思いますよ
つまり平和主義を口実に、だらだら危機感もなく暮らした、そのあげくに魂の筋肉 衰えさせたその結果であると思います
自分の国の事を本当に愛していない人間に、外交などできるわけがないのです
そして、あえて外交ではなく、外政と呼び始めるべきだと思っています
外交、交際なんてしてもらわなくても結構
彼らはその交の名のもとに、仲良くという口実のもとに飲んだり食ったり、あげたりもらったりしてるわけですから...
イタリアの日本大使館が、イタリアで在伊日本人の人達が中心になって集めた、原発再稼働反対の署名受理を拒否しました
どこか自分たちの本分履きちがえてるとしか思えません
Commented by antsuan at 2012-08-31 08:51
・>イタリアの日本大使館が、イタリアで在伊日本人の人達が中心になって集めた、原発再稼働反対の署名受理を拒否しました
これは明らかに行政手続法に違反していますね。拒否する理由を書面で要求するべきです。

junkoさんのおっしゃる通りだと思います。戦前も外交をまじめにやらなかったがために、軍部が出て行く羽目になったのです。

戦後の外務省は、日本と言う属国を支配するための領事館と考えているフシがあります。

領土問題を解決するにはまず外務省を解体することから始めないと行けないと思います。