あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

旧盆の本日も葉山は放射能日和

d0001610_17154461.jpg

 朝の散歩は約三〇分ぐらいなので、とても一万歩は歩けないのですが、散歩に出かける時間が遅れると、朝の強い陽射しで、たちまち汗が吹き出てきます。

 さらに放射線量も、量は少ないものの、散歩するの道順の約八割方の行程で、本日は検知されました。おおよその平均値は毎時約〇.〇七シーベルトでした。

 昨日の朝は今日の逆で、行程の約二割でしか観測されませんでしたから、本日は、放射能日和といって差し支えないと思います。

 そしてもう一つ、面白いことに気が付いたのです。それは、電信柱の根本付近で、放射能が良く検知されることです。これはいったいどういうことを意味するのでしょうか。





  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2012-08-17 17:37 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(2)
Commented by at 2012-08-19 10:48 x
電信柱に当たった放射能風が電信柱に付着のち、雨で根元に流れる。木肌がツルツルの木は葉枝に掛った水が枝を伝って、幹に流れて根元に水を集めて吸収するそうです。
もう一つは電線を伝って、原子力発電所からやって来る?!
Commented by antsuan at 2012-08-19 22:19
・非公開の設定を解除するのを忘れてしまい、二日遅れの公開となりましたが、私はもっと深刻なことを考えています。

 犬のおしっこが原因しているのではないかと。

 その仮説が正しいとすれば、下水道はかなり高濃度に汚染されているというだけにとどまらず、動物に相当量の放射性物質が吸収されていることの証明にもなります。

 あな恐ろしや!