あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

このまま日本は外国に乗っ取られるのだろうか

 外国人、特にチャイナの人や韓国人が物凄い勢いで日本の土地を買いあさっているようです。お人好しの日本人は、そのような外国人に地方自治体の選挙権まで与えはじめています。

 全く日本人の属国意識にも困ったものです。我が国政府に国家戦略がないことの証明なのですが、今後、十年先の日本を考えた国家戦略を今から打ち立てるとすれば、外国人の行動はそれほど恐れることはないと考えます。

 こういう時には、小泉純一郎だったらどうするかを考えることにしています。

 もし、昔の小泉総理が実践したことを、もう一度、これから実行してみたらどうなるでしょうか。一ドルが百二十五円になるまで、米国の国債を買いまくるとしましょう。つまり、日本における資産は、対外的に五十パーセント以上下落することになります。

 そして、今後彼らが日本の内政に干渉してきたら、チャイナ人や在日朝鮮人、在日韓国人を締め出すのです。どんな些細な理由でも構わないのです。従軍慰安婦の問題でも、歴史教科書問題でも、漁業権の問題でも何でも構いません。

 そして、チャイナや韓国、北朝鮮が、国内外を問わず日本人の生命や財産に危害を加えたら、日本国内にある彼らの資産を損害賠償の担保として差し押さえるのです。もしその時、米国が日本を見捨てるようなことがあれば、今度は米国債権を売り浴びせればいいのです。

 つまり、日本は経済大国なのですから、米国やチャイナ、それに韓国などを手玉にとることは、その気になれば、何時でも簡単に実行可能なのです。

 ただ一ついえることは、米国やチャイナ、ロシアなどを敵に回すことを考慮して、東南アジアの諸国とは、軍事的にも経済的にも絆を深くしておいた方がより安全でしょう。





 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2012-07-30 12:56 | 政治・経済 | Comments(4)
Commented by sweetmitsuki at 2012-07-31 06:41
日本もバブルの時期には次々とアメリカの不動産を買い占めていましたけど、バブルがはじけたらほとんどがアメリカに買い戻され「日本はいちばん高い時期にアメリカの土地を買い、いちばん安い値段で手放した。」と、世界中から嗤われていたのを覚えています。
たぶん、それと同じことが今度は逆の立場で起きるのではないでしょうか。
チャイナバブルはもうはじけはじめていますから。
Commented by antsuan at 2012-07-31 07:53
・手軽に金儲けをたくらむ人間のすることは高が知れています。
戦前のことですが、アメリカのフォード社が横浜に在る日産の大黒町の工場を買い取ろうとした時に、軍部はそれを認めず法律をねじ曲げてまで進出を拒否したのですが、その時のフォード社の社長は、軍部に対して、アメリカと戦争になったら工場を没収すれば済む事じゃないかと、言い放って説得しようとしたそうです。
そこまで割りきってお金を投資しするのが、資本家というものなのでしょう。
Commented by Emitan at 2012-07-31 08:24 x
おはようございます! あんっあん総理大臣に成って日本を救って下さい。今こそ中華帝国主義の攻撃に遭って居る国々と連携しないと一本釣りされて仕舞ますね。まあ昔はポルトガル:スペイン:エゲレツ:等も侵略オットジンギスハーンもでしたか・・やって来た事なのですが、現在の社会ではねー!?北方領土もバブルの時に2島だけでも買って置けば良かったのに・・・
Commented by antsuan at 2012-07-31 14:13
・Emitanさん、国家戦略を頭に描いている政治家は、少ないでしょうが、居ると思いますよ。

米国の大統領選挙如何では日米安保の見直しもあると思っています。