あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

鎌倉の遠花火

d0001610_21243822.jpg


 鎌倉の花火大会の様子が、帰宅途中の海岸通りから、ちらっと観えていました。

 家に帰って、鎌倉で花火をやっていると言ったら、カミサンが缶ビールとおつまみを冷蔵庫から出してきました。

 それで、着替える前に屋上へ行って、二人で遠花火をしばらく眺めていました。

 賑やかなところで見物するのも楽しいものですが、こうして、二人だけでゆっくり遠花火を眺めるのも、乙なものです。
d0001610_21362996.jpg









 [ 分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは二倍になる ]
by antsuan | 2012-07-25 21:39 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(10)
Commented by hanaco at 2012-07-25 22:29 x
あんつぁんのお宅には、屋上があるんですか?
いいなー。

でも、なんだかマンションがいっぱいですね。

遠花火←変換できませんでしたっ!
でも、この言葉、好きです、私。
Commented by Emitan at 2012-07-26 05:30 x
良い奥様ですね!そして新婚さんみたい!
Commented by antsuan at 2012-07-26 06:53
・ハナコさん、父が亡くなる少し前に診療所を建て増しした部分が陸屋根になっているのです。
 だんだん無精になってきて、海岸に行かず屋上でこんな形で見物をしていましたが、ビルが建ち始めたのも、うちが、診療所を建てたのが皮切りのようで、文句も言えません。

音の聞こえない静かな遠花火は、老夫婦の見物風景として、ちょっと風情がありますね。
Commented by antsuan at 2012-07-26 06:56
・Emitanさん、出来れば、一緒に船に乗ってくれれば最高なんですがね。(苦笑)
Commented by sarakosara at 2012-07-26 07:51
ああ、いいですね、二人で遠花火。
どーんと真上に広がる花火も迫力があっていいけれど、
遠くにあがる花火にしかない風情、好きです。
ちょっと哀調があるというか。

奧さまの、あうんの呼吸、いいなあ^^
Commented by shinn-lily at 2012-07-26 08:12
antsuanは船に乗る方だからひとりの楽しさも充分味わえる方かとお思っていましたけど、フフフ、よかったですでお二人で花火。
なんだかこちらもほっとするのは何故?
Commented by marsha at 2012-07-26 09:46 x
どんとなった花火だ きれいだな
空いっぱいに 広がった しだれ柳が 広がったー ♪

'夫婦相和し’って良いですねー。
お二方ともいつまでもご健康でね。
Commented by antsuan at 2012-07-26 12:32
・ sarakosaraさん、遠花火は落ち着きますよね。

通風が出るといけないので、普段はビールを置いていないはずなのですが、どうやら戴き物を冷やしておいてくれたようです。断る理由はありません。(笑)
Commented by antsuan at 2012-07-26 12:33
・このところ体力に自信がなくなって、何事もカミさんがそばにいてくれないと不安なのです。
カミさんもわたしが何をしでかすか心配だから、目が離せないようです。(汗)

リリーさん、夏の涼をとるのに遠花火はうってつけです。
Commented by antsuan at 2012-07-26 12:33
・marshaさん、まさに健康をお互いに気遣う年になりました。といいながら、冷えたビールはやっぱり美味しいです。(笑)

花火は、団扇を持ってゆっくり観るのも本当に良いものです。