あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

「独り」は気楽な家業、、ではありませんでした

 家内が三男の野球クラブの合宿に行っています。ということで、久しぶりに独りで羽を伸ばせると思ったのですが、昔の若いときのようには全くいきませんでした。

 おまけに、梅雨が明けたというのに異例の寒さ。独り寝の寂しさが堪えます。幸いというか、今日の朝方に次男が下宿から戻って来てちょっとほっとしました。

 そこで、ブログに書きたいことは山ほどあるのですが、一つだけあげて寝ることにします。その一つとは、週刊文春のスキャンダル報道のことです。

 小沢一郎の妻の絶縁状や読売ジャイアンツの原監督の醜聞、さらには日本経済新聞社長の女性問題、そしてあの橋下大阪市長も、昔のことのようですが、週刊文春にクラブのホステスとの不倫を暴露されてしまいました。

 まさに、「噂の真相」の政治的スキャンダリズムが脈々と息づいているようです。

 個人情報保護法が施行されてからは、このような有名人の醜聞を書くことは、出版社の首を絞めることにもなる、勇気のいることなのですが、こういう個人情報の暴露こそが、社会の木鐸の、使命といえるものだと思います。

 ご存知のように、紙おむつ不法投棄容疑で逗子警察に現行犯逮捕された私ですが、新聞やテレビに名前入りで大きく報道されたにもかかわらず、週刊誌の記者には見向きもされませんでした。

 それは、私が有名人ではない証拠でもあるのでしょうが、実際に不起訴になったことからも分かるように、報道の価値の本質からいえば、私の事件は報道するに値しないものだったともいえましょう。

 つまり、逆の見方をすれば、個人情報保護法は、腐った政治家や有名人の醜聞を隠すためにつくられた、悪法なのであります。

追伸、しばらく隠していた「お気に入りブログ」と「外部リンク」を再掲いたしました。



  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2012-07-22 22:12 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/16440032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marsha at 2012-07-23 10:39 x
男性一人お家に居られると、羽を伸ばすどころか所在なくて、
どうして良いかわからないでしょー? 時間が空虚?でしょー。

Commented by saheizi-inokori at 2012-07-23 11:25
自分じゃ読む気にはならないけれど、どんどん書けばいいと思います。
Commented by marsha at 2012-07-23 12:19 x
私も他所様のゴシップの類いには全く興味がありませんから、週刊誌は買う事はありますが、そのような記事は飛ばして読みます。
ただでさえ目が疲れています。
Commented by antsuan at 2012-07-23 13:21
・marshaさん、本当に所在ない感じがして、横になってもすぐに立ち上がったり、いったいどうしたら良いのでしょう。(汗)

事件の影に女ありとか、世間ではいろんな言い方をしていますが、讀売ジャイアンツの原監督の件は、揉消しのために暴力団がからんでいるんですから、スポーツ社会から抹殺されるべきですよ。

このような醜聞を知ることこそ、政治経済の健全さの指標だと考えるのです。
Commented by antsuan at 2012-07-23 13:21
・佐平次さん、似非同和の利権をほしいままにしていた野中広務といい、闇の世界と癒着している連中を暴き出すには、この手しかないと思うのです。
そして、ああいう連中の裏の世界が明らかになることによって、市民は自立の道を歩む決心をするのだと思います。

やっぱり個人情報保護法は悪法だと思います。