あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

欧米人のために作った「日本史入門」があった

d0001610_10451330.jpg


d0001610_10294725.jpg

    記事の部分をクリックすると大きくなり読みやすくなります


 新渡戸稲造の「武士道」もそうですが、この原勝郎の「日本史入門」も英文で書かれた本です。そして残念ながら日本語には訳されていないようです。

 この歴史通という本は、かなり右がかって、読みたくないと抵抗を示す方々も多いと思いますが、近代史に興味のある方には、是非、渡部昇一の「マクニールからハンティトンまで世界史の読みかた」を、一読されることをお勧め致します。

 はっきり云えば、近代の世界史を変えたのは日本であり、それは紛れもなく誤魔化しようの無い事実なのです。





  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2012-06-21 12:30 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(0)