あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

現代文明の発達しているところには女神崇拝が存在している

 六十をとっくに過ぎても、女性の繊細なところがちっとも分かっていないことに、時々気付くことがあります。しかし、逆に言えば、島崎藤村が年老いてから「初恋」の詩を書いたように、女性に対する純粋さを失っていないのだと思います。

 また、女性の美しさは女心だと以前に書いたことがありますが、その本物の美しさを理解出来るようになるには、やはり男も相当の年月を要するのです。

 仏教哲学者の鈴木大拙は、「霊性の自覚」を仏教に見いだしていますが、その根源はといえば、暗黒の世界(光の無い宇宙)であり、カオスであり、そして子宮であると、述べているように思えます。

 わたしも同じ思いを持っていて、霊が最初に宿るところは女性の子宮であり、故里は霊がこの地に出てきた場所として神聖なところなのだと思っています。

 これは、あくまで仏教的神道的思想によるものだと思うのですが、それゆえ、男にとって、女性はみな女神なのであります。

 そして、文明の発達しているところには、必ずといっていいほど、女神崇拝が存在しているのです。


[祈りとは自然との対話のこと 
 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2012-06-19 17:15 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(14)
Commented by sweetmitsuki at 2012-06-19 18:17
ギリシャの「ミロのビーナス」も女神崇拝の産物ですし、アメリカの「自由の女神」もそうですよね。
現代文明って何なんでしょう。
Commented by zushi53 at 2012-06-19 18:55
・現代文明って大ざっぱにいえば自由が発達しているところではないでしょうか。
Commented by shinn-lily at 2012-06-19 22:33
女心ねぇ・・・難しいですよ、これ。
Commented by antsuan at 2012-06-19 23:52
・そう、リリーさん、だから女神なんです。(笑)
Commented by junko at 2012-06-20 00:33 x
ふむふむ、こういうことわかってるだけantsuan上出来 
満面の笑顔^^
Commented by HOOP at 2012-06-20 01:44
アメリカには自由の女神がいないから、フランスが贈ったのですよ。
Commented by antsuan at 2012-06-20 05:16
・junkoさん、こういうことっていう曖昧な表現が大きな誤解の下になるかも・・。
とはいえ、神仏習合の文化的意味は世界が見直すべきことでしょうね。
Commented by antsuan at 2012-06-20 05:17
・HOOPさん、確かにアメリカ人も勘違いしていますよね。
Commented by junko at 2012-06-20 19:05 x
CIao antsuan
こういうことって
>それゆえ、男にとって、女性はみな女神なのであります。

こういうことよ
誤解生まれようがないと思うけどねえ
Commented by Emitan at 2012-06-21 07:10 x
女心!本質的な女心は・・・・・・でもね!それもその時の社会が作り上げて居る様な気もします。母親が次世代を担う子供を育てるチャンスを大いに持って居るのですよね?でも韓流ドラマにのめり込んで居る女性やオーム真理教の上祐氏のファンクラブが存在した事など考えると、空恐ろしくなります。女って女神?悪魔?全部がそうで無いけどアホ?自分が年取ったからか、近頃若い女性に魅力を感じなく成って居るのです。別の動物にさえ思えてきます。いや若い男も嫌悪感を感じるパーセントが増えている!此れが時代に乗り遅れて居る証なのでしょうね?!この頃の若い者は・・・と数千年前から言われ続けて本日に至って居る!でもねーズボンを下にずらして、トランクス型パンツが丸見えているのはねー!モンマルトルの丘ではショーツの下のラインまで見えるくらい、下げた女性を見た時は、恐怖さえ感じました。 年寄りの戯言・・・  皆様 失礼いたしました。年寄りに免じて下さい。
Commented by antsuan at 2012-06-21 09:56
・ハハハ、junkoさん、男は女神の前に立つと自信喪失してしまうものなのですよ。何卒、ご容赦あれ。
Commented by antsuan at 2012-06-21 09:57
・Emitanさん、教養と道徳心はある意味無関係なのだと思います。

日本人は心も無垢であることを尊びますよね。ですから、赤ちゃんの我が侭は無垢であって愛しいわけです。ところが、キリスト教ではそうでは有りません。赤ちゃんは無教養の生き物として、人間らしくするために厳しく躾けをします。

それと同じように無教養な若者であっても、それは赤ちゃんとおんなじに無垢な存在として大いに尊重しなければならないのではないかと思うのであります。

といいながら、わたしもそのような若者を見ると心中けっして穏やかというわけにはまいりませんが・・。
Commented by Emitan at 2012-06-21 17:29 x
そうなんです!純真無垢は可愛いのです。だから甘やかして在る子供はあどけなくて、可愛い!その事を未熟な歯科医師時代に躾をきちっと為さっているお母さんに、甘やかしてある子供は可愛いなんて馬鹿な事を言って仕舞ったのを思いだしました。お母さんの不満そうな表情が脳裏から離れません!後悔先に立たず!本当の事を言ったらいけない事をその時に痛感しました。馬鹿な女ほど可愛いでも嫁にしたら後悔する。
Commented by antsuan at 2012-06-21 17:41
・そういう後悔ならわたしもいくらでも有ります。
Emitanさん、悪妻であれば哲学者になれます。(笑)