あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

邪気払いの花火

 なんと、まだ夏至にもならないというのに、盛大な花火大会が逗子海岸において行なわれました。これはきっと邪気払いの変わりに違いありません。
d0001610_22273166.jpg

d0001610_22273310.jpg

d0001610_222740100.jpg

d0001610_22273852.jpg

d0001610_22272655.jpg



[祈りとは自然との対話のこと]
by antsuan | 2012-06-02 22:31 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/15971317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sweetmitsuki at 2012-06-03 06:54
各地で花火大会の開催が見送られていますけど、今年の夏は電力の不足が懸念され、万が一開催中に停電になったらパニックになるからだそうです。
開催を前倒しにするとは、さすがやることが早いですね。あらゆる意味で。
梅雨入り前の夜空を焦がす大輪の花、美しいです。
Commented by antsuan at 2012-06-03 07:03
・なにいってんでしょうね。これだけ不景気にしておいて、電力不足になんてなるわけが無いでしょうに。

しかし、百人一首が歴史伝承の秘本だったとは。大和人の文化の高さに敬服します。
Commented by cazorla at 2012-06-03 08:52
きれいに撮れてますね。
こちらでは 特に夏ということでもなく 花火をするのですが
小さい花火だからか かなり近くで打ち上げて きれいさより
音がすごくて うちの母なんて 第二次世界大戦を思い出すとか言ってます。
Commented by cocomerita at 2012-06-03 19:36
たまやーーーーー
うわわ もう花火の季節なの??
いいなあ

邪気払いねえ
花火ってそういう意味があったようですね
ついでに、害にしかならない馬鹿ものどもを、全部吹っ飛ばしてくれないかなあ...

ところで、業務連絡です
緊急署名のお願いが来てるの
私のとこから飛べますから、よろしくです
締め切りがね、なんと月曜の朝
急いでます
Commented by antsuan at 2012-06-03 20:06
・カソルラさん、確かに物凄い音でした。逗子湾は周りが丘に囲まれているので音響効果が抜群に良いのだそうです。 

三男の友達も集まってみんな満喫して帰っていきました。
Commented by antsuan at 2012-06-03 20:06
・cocomeritaさん、日本の政治の腐敗はもうすぐ分水嶺を越えますよ。今年中に日本が景気回復の見本を世界に見せることでしょう。
我々が声をあげ始めたことによって無血革命が始まっているのです。
もう一息です。頑張りましょう。
Commented by hanaco at 2012-06-03 23:52 x
映画ニューシネマパラダイスに、こういうシーンがありますよね。
若者が、夏の夜に集まって、屋外で映画を観て、騒いで、花火が上がって、でも、たしか、途中で雨が降ってきて・・・だったかな。
海岸の花火、桜山の家の2階からも、小さく見えました。音も微妙に反響して、ずれてドーンと聞えていました。光の速さと音の速さの違いとか、その時にわかった気がします。

遅ればせながらのコメントですが、おじい様の写真、カッコいいですね。
Commented by antsuan at 2012-06-04 05:19
・ハナコさん、「ニューシネマパラダイス」、大好きな映画です。昔、森戸のユニオンのところが原っぱだった頃、あそこで野外映画を観た記憶があります。(笑)
庶民が集いあえる社会こそが平和なんだと思います。

祖父は本当に威厳がありました。これからも祖先の名に恥じないように生きていきたいと思っています。