あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

日本の金融をめちゃめちゃにした男がようやくこの世を去った

「平成の鬼平」三重野・元日銀総裁が死去
読売新聞 4月18日(水)14時49分配信
 元日本銀行総裁の三重野康(みえのやすし)氏が15日、心不全のため死去した。

 88歳だった。通夜、告別式は近親者で行う。喪主は長男、隆(たかし)氏。後日「お別れの会」を開く。

 三重野氏は1947年、東大法学部卒業後、日本銀行に入行。営業局長、理事、副総裁を経て、89年12月、第26代総裁に就任した。その直後から3度にわたり公定歩合を引き上げるなど、金融引き締めによるバブル退治で「平成の鬼平」の異名をとった。

 その結果、資産インフレは沈静化した一方、金融機関の不良債権が急増するなどの問題も生じた。任期満了で94年12月に退任するまでの5年間、金融政策運営に情熱を注ぎ続けたが、その後の長引く景気低迷の原因を作ったとの批判もある。
最終更新:4月18日(水)19時22分


 三重野元日銀総裁が死去したという報道がありました。これで日本のデフレは終焉すると断言して良いでしょう。そういい切っていいほど、日本の金融界にとって彼は疫病神だったのです。

 一九八五年の九月にプラザ合意を受け、日本が円高ドル安を容認したことから、日本は円高不況になる恐れが顕著になり、日銀は金融緩和を徹底的に実施しました。

 その時の日銀副総裁であった三重野康は、各都市銀行を名指しして何兆円もの融資枠を設定し、無理やり貸し出しさせたのです。やむなく都市銀行は、融資目的などろくに調べもせずに、担保価値の何十倍もの融資をやみくもに実行したのでした。つまり、三重野日銀副総裁の命令に従ったのです。

 当然、金融引き締めになれば、それらが全て不良債権になるのは、まともな銀行マンだったら分かっていることだったのですが、日銀には逆らえなかったのです。

 案の定、景気が過熱して土地価格が高騰しインフレが酷くなってきました。

 ところが、三重野が日銀総裁に就任すると、一転して金融引き締めを実施し、金融バブルを崩壊させ、日本経済を破綻寸前にまで追い込んだのであります。

 失われた十年といわれましたが、三重野は日銀総裁退任後も「インフレ無き経済成長」を唱え続けたために、同じ日銀出身の速水優が総裁在任中にまで、隠然たる影響が残っていたのでした。ですから、今日までデフレが続いているのであります。
by antsuan | 2012-04-18 21:03 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/15742700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。