あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

缶パン的社会貢献活動

     クリックすると画面が大きくなって読むことが出来ます
d0001610_10415042.jpg

          東京新聞二月二十二日朝刊[筆洗]より

 よくよく考えれば、商売とはお客様(人)の為にして"なんぼ"の世界であるわけです。とすれば、"なんぼ"の価値観の違いによって、商売の仕方が全然違って来ても、誰にも文句はいわれないはずなのですが、残念ながら、世の中はそういうふうにはなっておりません。

 しかし、我が国では昔から商売にも"徳"というものが必要であると理解されていましたが、これは我が国が自然発生的に確立された国家であるからで、国家すらも収奪するのが当たり前の、一神教的排他主義民族には理解不可能なことなのかもしれません。
by antsuan | 2012-02-23 16:12 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/15474232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HOOP at 2012-02-23 16:15
このパン、下野新聞がかなり以前から取り上げていますが、柔らかくておいしいのです。そういえば、日本財団がNGO支援のために立ち上げているサイトの名前も CANPAN ですね。
Commented by antsuan at 2012-02-23 17:19
・コンビニエンスストアやスーパーのお弁当なども同じような発想で、消費期限直前に買い戻して、窒素封入の袋か真空パックにして恵まれない人に配るという手はないものでしょうか。
Commented by junko at 2012-02-23 18:36 x
Ciao antsuan
秋元さんの事は、震災が起こったばかりの時に彼の活動を通じて知りました
被災した人に少しでも多くのパンをと従業員も寝ずに、必死で作り続け、送り続け、奥さまはその活動が彼の工場の経営に影を落とすことに頭を悩まされていらっしゃいました
商売とは、ただものを売ることが目的なのではなく、ものを通じて、人に喜びを与えるものであると思います
そういう意味では、秋元さんは本当の商売人であり、素晴らしい本当の日本人、世界人であると思います
心温まる現実ですね
Commented by marsha at 2012-02-24 07:51 x
↑>商売とは、ただものを売ることが目的なのではなく、ものを通じて、人に喜びを与えるものであると思います<

全てのお商売に、このような倫理が伴うのが理想ですね。 ものを売って、その物を通して喜びを売って貰いたいです。

↑民間には立派な方々がいますね。 コンビニの消費期限前のお弁当とかパンとか、廃棄しないで是非こうして活用して頂きたいですね。
政治家にはこうしたことは思いつかないでしょうね。 
Commented by antsuan at 2012-02-24 12:28
・junkoさん、お疲れ様でした。
自分のできることからといっても、秋元さんの熱意には本当に頭が下がります。経済よりも商売の方が人間味がありますね。
Commented by antsuan at 2012-02-24 12:39
・marshaさん、わたしはサービスという言葉が嫌いなのです。というのも、商いには倫理的な奉仕の精神が含まれていると思うのです。
政治も民間でほとんどできてしまいますね。満鉄なんか事実上は満州国の行政組織みたいなものじゃなかったんでしょうか。
Commented by cazorla at 2012-02-27 19:10
商売にも徳 というのに拍手
たしかに。
スペインは得だけですから。
Commented by antsuan at 2012-02-28 08:15
・カソルラさん、今回の世界的大不況によって、ホンの少しだけかも知れませんが、商いの本質というものをヨーロッパの人たちも考えるようになるのではないでしょうか。