あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

新たなるノアの箱船

 終戦六十周年ということで、いろいろ大東亜戦争の歴史的検証の話題がこのところ多い。良いことであるが、これからも歴史上の出来事として、しっかり後世に伝えていきたいものだ。

 一番の問題は、人類を自滅させてしまう原爆という武器がこの世で初めて使われたこと。これは戦争を終わらせる究極の武器ではなくて、人類を消滅させる究極の手段であることの認識だ。

 つまりは紛争を解決する手段としての武力の行使は、もはや、人類破滅のための引き金になってしまうことの、危機感の共有が必要になっているということなのだ。

 しかし、残念ながら現実はこの恐ろしい兵器が再び使用される危険がどんどん増してきている。新たなるノアの箱船が必要になるかも知れない。
by antsuan | 2005-08-14 22:05 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/1544327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。