あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

福祉を変える経済学=差別のない社会

d0001610_8354165.jpg

d0001610_8354647.jpg

d0001610_8354832.jpg

d0001610_8355152.jpg

d0001610_8355428.jpg


 福祉に貢献するって、知らず知らずのうちに上からの目線になり、無意識に差別してしまっていることに気付かされました。

 福祉に取り組む上で非常に役に立つ本なので、職員全員に読んでもらおうと思い、中古ではありますが、何冊かまとめて購入することにしました。
by antsuan | 2012-02-01 20:00 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(6)
Commented by marsha at 2012-02-01 21:05 x
障害者の方が月給一万円で働いているなんて存じませんでした。
余りにも酷い話です。 家では障害者の方が焼いて販売車で売りに来られる移動パン屋さんがあり、週一回ですが普通にパンを買っています。特に美味しいパンではない上、お安くもありませんが、障害を持つ方が回って来られるので、何かお役に立てばと思い買っています。時々、もう少し美味しく焼いて、とか、小麦粉を変えてみたらとか、いろいろ文句もつけています。 でも、続けて買おうと思っています。もう少し美味しいと云うことはありませんが。

幾ら何でも今時一万以下のお月給なんて考えられません。 余りにも人権無視した考えです。 ヤマトの社長さんは偉い方ですね。私、佐川よりクロネコが好きです。配達に来てくれる人がみんな感じが良いから好きなのです。 上に立つ人の姿勢が従業員に伝わるのです。
Commented by cocomerita at 2012-02-01 22:58
Ciao antsuan
全く同感です
身障者だからといって特別扱いするのではなく、同じに扱う
でも、何か本当にできないことがあったらすぐに介入できるよう、相手に気づかれないように、常に気をつけていてあげる
なんでもかんでもやってあげて甘やかすことではないと思うのです
それはむしろ、身障者の人達に失礼にあたる気がします
それが本当の福祉であると思うのです

さすがはクロネコヤマトさん
素敵な合理性です
昨今の日本人にはなかなか持てない感覚ですよね
Commented by cazorla at 2012-02-02 08:10
私の大好きな昔の恋人は この人を尊敬してクロネコに就職しました。 法学部を優秀な成績で卒業して 運送屋かと 両親に言われても。 ほんとに 今もきっと 満足して 働いていることでしょう。 
Commented by antsuan at 2012-02-02 10:31
・marshaさん、敗戦後の日本を復興に導いたのはこういう方々だったのですね。たとえホンの少しでもこのような方のマネをして生きていきたいと思っています。
Commented by antsuan at 2012-02-02 10:31
・cocomeritaさん、シーマンシップ=武士道 と、私は思っているのですが、自然は女子ども障害者の区別なく人々に厳しい試練を与えます。そういう厳しい試練の中で生きていくには、てんでんばらばらに努力するよりも、乏しい力でも惻隠の情をもって支え合うことが必要なのだと思います。
 民主主義=全員経営、クロネコヤマトの小倉さんのいいたいことはここにあると思います。
Commented by antsuan at 2012-02-02 10:32
・カソルラさん、きっとその方も大活躍をされていることでしょう。
クロネコヤマトはただの運送屋じゃありませんね。日本国もクロネコヤマトに任せたい。(笑)