あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

オーストラリアは人種差別が普通だった国

CNN.co.jp
先住民デモ隊に式典会場を包囲され、脱出する豪首相
2012.01.27 Fri posted at: 10:26 JST
オーストラリアの首都キャンベラで26日、英国人の入植を記念する建国の祝日「オーストラリア・デイ」の式典会場を先住民アボリジニーなどのデモ隊が取り囲み、ギラード首相が警護要員に抱きかかえられるようにして会場から脱出する騒ぎがあった


 米国のシーエヌエヌ(CNN)が報道するように、捕鯨に反対しているオーストラリアは原住民を非人間として扱っていた人種差別の国であることを、日本人はしっかりと認識しておくべきでしょう。
by antsuan | 2012-01-28 09:53 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(2)
Commented by Emitan at 2012-01-28 13:45 x
白豪主義ですね!アボリジニを居留地区に閉じ込めお金を与えて居ましたね。彼等はする事が無いのでアル中に成り只生きているだけ、動物園の動物状態なんですよね。でも他国からの避難を逃れる為行った手段だったのですね。でも道路工事を白人がして居たのには違和感を感じました。彼等はアボリジニを労働者としても認めず、ただ飼い殺ししていたようです。
Commented by antsuan at 2012-01-29 23:50
・Emitanさん、戦後の日本の教育ではそのようなことはこれっぽっちも知らせないがために、日本人はアボリジニ以上に白人に従順になってしまいましたね。