あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

どうなる2012年の日本経済

 この講演会の要旨というか、森永卓郎氏は、今年の政治経済情勢について、次のように予想していました。「民主党は分裂して解散総選挙が実施されます。そして次期総理大臣に原口一博衆議院議員が選ばれ、私は日銀総裁になります。そして高橋是清が断行したように、お札をじゃんじゃん刷りますので、今年はデフレから脱却する年になります。」
d0001610_16334167.jpg

 さて、経済評論家の森永卓郎氏の予想は当たりますでしょうか。
by antsuan | 2012-01-17 13:15 | 政治・経済 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/15279534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Emitan at 2012-01-18 08:43 x
誰が政権取るかは判りませんが、お札を増刷する事は賛成です。赤字国債も解消出きるし、円高も解消するでしょう。他の国もやって居るのでしょう?
Commented by saheizi-inokori at 2012-01-18 10:41
デフレ脱却しかないですよね。
Commented by antsuan at 2012-01-18 12:28
・Emitanさん、そうなんです。他の国はじゃんじゃんお札を刷っているから円高になるんですよね。
関東大震災の時も阪神淡路大震災の時も二年間は復興重要があって景気は良くなりましたが、問題はその後なんです。二回とも復興需要が一段落したあとで、景気引き締め策をやって、国家経済をガタガタにしているんです。
二度あることは三度ある? いやいや、日本人はそこまでバカじゃないと思いますが、無能官僚だったらやりかねない。
Commented by antsuan at 2012-01-18 12:29
・佐平次さん、野田内閣って民間出身の大臣っていましたっけ? 無税国家を夢見て作られた松下政経塾ですが、その塾出身者の政治家が大増税路線を突き進むとは。アァ。