あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

ジブファラーの調整

d0001610_21355361.jpg

 用心のために、台風がやって来た時にセールを降ろしたのですが、そのせいか、この間のレースの時に、ゼノアがたるんでいることに気が付きました。

 始めはステーが全体的に緩んでいたので、そのためだと思っていたのですが、ステーを調整してもらってもゼノアのたるみに変化がないことから、セールそのものが伸びてきているのではないかと考えました。

 ところが、望遠の効く写真機でマストの問題の箇所を撮ってみたところ、何ということはない、単にセールを上げるジブハリヤードの引きが足りなかったことがよく分かりました。

 海の上で何かあってはいけないので、ついつい重大な不具合を心配してしまいますが、このように、ほとんど基本的な整備不良が不具合の原因となっています。

 たまにしか帆走しないので、腕がちっとも磨かれないのでしょうね。
by antsuan | 2011-11-12 21:52 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/14931255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HOOP at 2011-11-13 07:10
カメラも役に立つのですね
Commented by antsuan at 2011-11-13 17:03
・セールを展開したときは必ずハリヤードを引いておくべきでした。
下から見ると、ファーラーの遊びがどれぐらいあるかわかりませんね。
Commented by Emitan at 2011-11-13 20:42 x
処でジブハリはマストの滑車から直接で無いので、引き上げ難い様な気がしますが?何故かマストに固定したパイプの中を通して在りますよね?
Commented by antsuan at 2011-11-13 21:03
・Emitanさん、ジブハリが滑車の下の留め金を通してあるのは、フォアステイに絡まないようにするためなのですが、その留め金がもうちょっと上に付いていてもよさそうですね。