あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

先が見えて来た

d0001610_17343277.jpg

 歴史に残る大震災と大人災の年も後二ヶ月を残すのみとなりました。

 また、今年は世界的にも歴史的激動の年といえましょう。あとは、どんな大事件や大事故が起こっても全て既視感の中に埋もれてしまいそうです。

 そうです。今年は「戦後」の時代が本当に終わった年に違いありません。「戦後」を築いてきた体制が役に立たなくなったことを、国民ははっきりと認識してしまったのです。

 あとは一からやり直すだけです。新しい時代が始まるのです。
by antsuan | 2011-11-01 17:34 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(2)
Commented by rei-1 at 2011-11-02 01:05 x
まだ若輩の私には先なんて「一寸先は闇」状態です。もう歳をまたひとつ重ねようとしても「坂の上の雲」を「空に浮かぶ雲」と信じ込み、かつての理想に固執せずにはいられない悶々とした日々を過ごしています。ただ行けばやがてはそこに手が届くと思い人生を歩んで、今は「坂の途中の雲」を見ているような気分です。私はこのまま「坂の上の雲」まで盲進したい気持ちですが、そこまでの途中で、本当の理想としての「空に浮かぶ雲」が見えてしまうのでしょうか。なぜか見たくない自分がいます。
 ところで『坂の上の雲』の主題歌『Stand Alone』はお聴きになったことは?タイトルがあんつぁんの嫌いな横文字ですが「一人で起き上がる」、「独りで起つ」のように訳しかたは聴き手に想起させる余地を与えています。まだでしたら是非聞いてみてください!

”わたしは信じる 新たな時がめぐることを”
”凛として旅立つ 一朶の雲を目指し”

壮大ですなw
Commented by antsuan at 2011-11-02 08:33
・信じて生きて行くこと。それが青春というものです。年に関係ない!
そして、雲がはっきり見えてくると自信がついて来てしっかりとした足取りで進むことが出来るのです。だから、何回失敗しても決して諦めないこと。ただし、手段と目的を履き違えては意味がありません。資格を取ることが目的ではなく"雲をつかむ"のが目的であることを忘れずに。

二十一歳のお誕生日、おめでとう!!