あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

秋深まれり

 あっという間に九月が終わり、いよいよ秋が深まってきました。
d0001610_17384196.jpg

 今日の朝の森戸海岸も、散歩する人はめっきり減って、遠くに見える伊豆の天城山がより一層寂しく感じます。
by antsuan | 2011-10-03 22:38 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/14685210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marsha at 2011-10-04 13:23 x
夏の賑わいがさり、お散歩の人影も疎らな秋の夕暮れ、想像しただけもうら淋しい気分になります。 こちらもキンモクセイの薫る頃になりました。 足早にやってきそうな冬の気配を感じて冬支度に焦る日々です。

緑内障ご心配ですね。お大事になさって下さいませ。夫も軽い緑内障があり随分心配しました。 漢方薬を試しておりました。何とか最期迄視力は保ったのはラッキーでした。

ご子息、野球でご活躍なんですね。健全な精神を育むにはやっぱりスポーツでしょうか。可愛らしい坊ちゃん。叱られそう、恐。
Commented by antsuan at 2011-10-04 14:47
・緑内障が再発している時は車の運転もしんどいし仕事も全然捗りませんね。ま、年相応に老いていると、自分で納得しています。(笑)

marshaさん、こういう景色を見ると、震災に遭われた方々は此れからどうされるのか、気が気でなりません。
ときどき、花売り娘を気遣う靴磨きの少年の歌、宮城まり子の「ガード下の靴磨き」を聴きます。
息子たちにはそんな辛い目に遭わせたくないけれど、あの少年のように、思い遣りの心を持つ人間に育って欲しいと願わずにはいられません。