あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

世界経済の崩壊は第三次世界大戦へと繋がりかねない。

 世界同時株安が再燃した。ギリシャ経済の崩壊不安からユーロ経済圏は悪化の一途を辿っているが、アジアも安穏としていられなくなってきた。輸出依存度がダントツに高い韓国経済が危なくなってきている。

 しかも、アメリカもチャイナも誰も助け船を出す気配はない。もちろん日本も国内のことで手いっぱいの状態だ。どうやら世界同時不況のババを掴まされたのは韓国のようだ。

 となると、朝鮮半島は経済問題だけでなく軍事紛争勃発の可能性も高くなってくるだろう。もしこの導火線に火がつけば、暴動の絶えないチャイナ国内は、台湾、チベット、ウイグル地区の独立紛争に発展し、そこからさらにイスラエルパレスチナ紛争へ飛び火すれば、ついには第三次世界大戦の様相を呈してくるかも知れない。

東亜日報
 経済
ファンダメンタルは堅調だが…「一気に崩壊も」 韓国経済が危ない

SEPTEMBER 26, 2011 07:35
3年前に経験した「リーマンブラザーズ」事態の恐怖が再び襲っている。金融市場の指標だけ見れば、韓国経済はすでに危機的局面に差し掛かっている。この1ヵ月間、対ドルのウォン相場は1ドル=100ウォン以上ウォン安ドル高が進み、総合株価指数(コスピ)は1日に100ポイント以上も暴落した。

「3年前より韓国経済のファンダメンタル(基礎環境)は頑丈だ」という政府発表は、「10年前の通貨危機の時より、我が経済の体質が強化された」と自信満々だった当時と変わらない。

韓国経済は、本当に「第2のリーマン事態」に陥ったのだろうか。専門家らは、ファンダメンタルが3年前より堅調なのは事実だが、気を抜けば、一瞬にして崩壊しかねないと警告している。いくら外貨保有高を多く貯めておき、輸出がうまくいっていても、我々が統制できない複数の外部の影響要因が、一触即発の危機に置かれているからだ。

世界金融市場がネットワークで繋がっている世の中で、舵取りの役割をしている政府が判断を間違えれば、韓国経済はつかの間にどん底に落ちかねない。小規模開放経済の限界だ。

●「ATMコリア」現象が再燃

韓国の不渡り危険を示す韓国信用不渡りスワップ(CDS)プレミアムは23日、2.02%まで上昇した。9月初頭に比べ0.73%ポイントが高まった。フランス最大手銀行・BNPパリバが、バンクラン(大量の引き出し)事態に見舞われたフランス(1.97%)より0.05%ポイントが高いレベルだ。

リーマンショックを経験した3年前の9月も同様だった。08年9月1日に1.27%だったCDSプレミアムは、9月末は1.80%まで高まった。「9月危機説」がやっと落ち着きを見せたかと思われたが、10月27日、CDSプレミアムは6.99%まで高騰し、危機はピークに達した。3日後の10月30日に交わされた韓米通貨スワップが「救世主」だった。

対ドルウォン相場は、08年9月は1ドル=1115.5ウォンから、1ドル=1206.9ウォンへと91.4ウォンもウォン安ドル高が進んだが、今年9月は1ドル=1061.3ウォンから、1ドル=1166ウォンへと104.7ウォンもウォン安ドル高が進み、ウォン安幅はかえった大きくなった。今年に入り、ウォン安ドル高が最も進んだ1月が、1ドル=13.3ウォンだったことを考慮すれば、「高騰」のレベルだ。

08年9月、3兆8919億ウォン分の株を売りさばいた外国人は、今年に入り、2兆2833億ウォンの売り越を記録した。外部衝撃に外国人が勝手に出入りし、資金を一番先に引き出す「ATMコリア」現象が今回も再燃されたのだ。

by antsuan | 2011-09-27 18:30 | 政治・経済 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/14645067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HOOP at 2011-09-28 10:35
銀相場が急落しています。
そのチャートの形が、2008年秋と全く同じ。
経済人というのは学ばない人種なのでしょうかね?
Commented by antsuan at 2011-09-28 11:41
・経済人と云うのは資本を活性化させるのが仕事ですから、むしろ当然のことと思います。
問題は政治力学が経済を無視して軍事行動に走る歴史の必然性のほうが心配です。
Commented by Emitan at 2011-09-28 12:28 x
イギリス沖で第二次大戦の時沈没した銀運搬船が見つかったのは関係無いのでしょうか?
Commented by antsuan at 2011-09-28 21:40
・Emitanさん、銀は投機の対象に余りならないのかも知れませんが、やはり沈んでいた銀の量が半端じゃありませんものね。影響があると思いますよ。