あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

真実を伝えなかった原発事故『人災犯』を国民の手で裁判にかけよう。

            東京新聞の今日の朝刊より抜粋
d0001610_8224512.jpg

   新聞の記事をクリックすると画面が大きくなり読みやすくなります。

◎放射能汚染の認識がありながら、国民に知らせず女子供すらも避難させなかったば かりか、逆に計画停電を実施して国民を欺いた。
◎米国は危機的状況を知っていて支援を申し出ていた。
◎東電を恫喝したのは、海江田経済産業大臣ではなく、菅直人首相自身だった。
◎役人や閣僚は安全な場所に逃げていた。

 菅直人前総理大臣の背任性は、現憲法の法律に照らし合わせても、十分に犯罪として実証出来ます。彼を処罰せずして、日本が正しい道を歩むことはあり得ません。
by antsuan | 2011-09-09 08:19 | 政治・経済 | Comments(2)
Commented by junko at 2011-09-10 19:09 x
CIao antsuan
菅だけでなく、安全だと国民放送行いながら、妻子はシンガポールに避難させてた枝野も同罪
殺人未遂か殺人幇助にあたるんじゃないの?まじで
>米国は危機的状況を知っていて支援を申し出ていた。
なんでかわからないけど、日本の馬鹿政府はどんなにせっぱ詰まっても他国の支援を断る傾向がある
ある航空機墜落事故の時然り、阪神大震災の時然り
要するに、てめーが切羽詰まってない、ってことで、命の危機に一分でも無駄にできない現場を把握する、その想像力にもかけてるってことよね
つまり、人間失格
そう言うのばっかりが政治家やってるから、怖いんだよね
Commented by antsuan at 2011-09-11 22:26
・官僚や原子力ムラ所属の記者クラブなどのなりふり構わぬ抵抗を見ると、我が国は内戦状態にあるといっていいと思います。反体制の国民がいつ宣戦布告をしたかといえば、それは今年の一月下旬にフリージャーナリストたちが「自由報道協会」の設立を目指した時です。
まだまだ決定的な勝利を収めていませんが、こちらの戦意は高まるばかり。
ここ一年以内に平成の鳥羽伏見の戦いが起きると見て間違いないでしょう。そこで人災犯人をやっつけられると良いのですが。