あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

とうとう松下政経塾出身の議員が総理大臣になった。

 まず、首相が誰になろうと、日本のヒットラーと云うべき菅直人が首相の座から退いただけで慶賀に値する。

 日本と云う国は成熟した平和国家である。したがって外圧がきつくならないかぎり国家が崩壊することはない。しかし菅直人政権は、その日本が内部崩壊しかねないほど、国民を著しく傷つけてしまった。したがって、政治的修復には国民の信任を得た内閣でないかぎり不可能である。

 そのことを考えれば、新しく民主党代表に選ばれ、次期首相に内定した野田氏は、己の政権に対して、国民の信を問うことに躊躇うような人物ではないと信じたい。その根拠として、松下政経塾で松下幸之助より直々に薫陶を受けたことを上げておく。

 よって、彼は官僚に簡単に洗脳される人間ではないと思っている。
by antsuan | 2011-08-30 11:51 | 政治・経済 | Comments(6)
Commented by HOOP at 2011-08-30 12:30
彼はつい先日、国富を1000億円ドブに捨てました。
経済学者も実業家も「ありえない」と言う、無駄な為替介入にです。
そんな無駄なことをやらせたのは
財務官僚であり、IMFであることを考えれば、
既に洗脳済みでしょう。
Commented by antsuan at 2011-08-30 12:39
・財務省の磁場の中にいたから止むを得なかったのであって、結果が失敗であることが明らかになったことから、彼は財務省を責める材料も手に入れたと見るべきです。
Commented by saheizi-inokori at 2011-08-30 16:16
早いとこ問うて欲しいものです。
Commented by antsuan at 2011-08-30 17:31
・佐平次さん、野田氏が長期政権を目差すならば、今までの負の荷物を清算する必要がありますし、代表任期は一年しかありませんから、やるのなら来年度の予算編成前の今しかありません。
Commented by HOOP at 2011-09-02 08:50
私の想像というか、予想をはるかに越えていたようです。
ドブに捨てたお金は4兆5129億円だって!
どうして、震災復興にまわせないんでしょう?
いくら財務省のご機嫌を伺うったって、限度があります。
Commented by antsuan at 2011-09-02 09:38
・HOOPさん、私もその金額と認識しておりました。