あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

政局になった方が日本は早く良くなる

 閣僚との話の中で菅直人総理大臣が辞任を表明したのは、けっして今までの不始末の責任を感じたからではなく、用済みと見て、官僚が菅直人総理大臣のいう事を一切聞かなくなったからだと思う。

 したがって、しぶしぶの退陣であり不満がうっ積しているに違いない。となると、民主党の代表選がすんなりと決まると考えるのは、あまりに単純すぎるような気がしてならない。

 少なくとも、菅直人としては小沢一郎の逆襲を防がねばならないから、後継者には反小沢を置かねばならないけれども、そういう動きすら見えない。どうみても、どんでん返しがあるのではないだろうか。

 どういうどんでん返しかと云えば「脱原発解散」である。代表選の有力候補といわれている議員の中で、脱原発、再生エネルギー移行を掲げるものは誰一人もいないのだ。解散総選挙は岡田幹事長さえ味方につければ運営に支障が出るとは思えない。それに、先に解散総選挙を表明すれば党の代表選どころではなくなる。つまり、菅直人は民主党の代表のまま党を運営出来るのだ。

 ところで解散するキッカケだが、「辞任は嘘でした、解散します」では、やはりまずいだろう。一番理屈に合うのは、再生エネルギー法案が否決された時だが、国会運営を自由に出来る身ではもはや無いわけで、何かやらせ的な仕掛けで、解散を宣言するのではないだろうか。

 そのやらせ的な仕掛けとして何があるかと問われても、いろいろあってはっきりは云えないのだが、例えば、閣僚の誰かが辞表を提出しないとか、その程度のささいな理由で充分なのだから、衆議院議員の連中は、予想として、七割がたは解散をやらかすのじゃないかと考えておいた方が無難だと思う。

 少なくとも、みんなの党は殆ど臨戦体制に入っている。
by antsuan | 2011-08-24 17:56 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/14414351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakanokeiichi at 2011-08-25 21:34
菅さん 解散したら次の招集まで総理だから 1億は余分に機密費使えるから 北に流したり 寿司食ったりできるやん・・・ と 福山が囁く・・
な~んてねw
Commented by antsuan at 2011-08-26 00:17
・囁くのは姉さん女房の信子夫人でしょうね。
何れにせよ、金を好き勝手に使いたい願望を抑えられないのでしょう。