あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

『一時の勝ちは、終身の勝ちにはあらず』 戦後六十六年目の勝敗

d0001610_1019410.jpg

 大東亜戦争後六十六年目にして我が国は新たなる敗戦を迎えてしまった。大和魂の消失という本当の敗戦といってよいかも知れない。
d0001610_9373483.jpg

d0001610_9373881.jpg

 プロ野球の名監督である野村克也は「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉を好んで使っていましたが、その言葉通りに先の大戦において日本は負けるべくして負けたのでした。アメリカという国を理解していなかったからです。

 しかし目をアメリカに転じてみると、経済破綻が目の前に迫っている敗戦国そのものです。二十一世紀の現代にイラクに対して戦争を起こし、形の上では勝利したアメリカですが、騎士道無き侵略者の醜い姿が暴露されただけでした。

 先の野村名監督の格言は、本当は剣の達人で大名の松浦静山の言葉だそうですが、その松浦静山は次の言葉も残しています。『一時の勝ちは、終身の勝ちにはあらず』

 アメリカは非人道的な振舞いを反省しなければ本当の復興はないでしょう。同様に我が国は、『一時の負け』で終わらすためにも、武士道精神の再認識を求められるところです。
by antsuan | 2011-08-15 09:41 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/14350539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Emitan at 2011-08-15 15:44 x
武士道!それを理解出来るのは中年以上の日本国民だけでは在りませんか?だから若者は再確認処か、認識する素養を持ち合わせて居ないと思いますが、如何でしょうか?軍隊を持たない日本国民はアメリカ以上に堕落して居るのが現状の様な気がします。私達が老人ホームで終わりを迎える迄、現状維持出来れば幸いです。
一度栄えた国は二度と栄えないとは言いますが、50年位掛って、没落してそれから100年位係れば再起出来るかもと期待して居ます。甘いでしょうか?良い時代に生まれ育ちました。感謝!
Commented by antsuan at 2011-08-15 18:45
・今年は第三の敗戦の年とすれば、いままでの日本がインチキのまがい物だと気が付いた、いまの青少年には、充分期待が持てるのではないでしょうか。あと十年もすれば『円』が隠れた基軸通貨になり、日本が真っ先に復興すると思います。

平安時代の三百五十年間や江戸時代の二百五十年間、天下泰平だった日本は、再び平和な時代を迎えることでしょう。
Commented by sweetmitsuki at 2011-08-15 20:31
1944年7月18日に東条内閣が総辞職した段階で、すでに勝敗は決まっていたのですから、もっと外交力を発揮していれば、無条件降伏という結末は、なかったのではないのでしょうか。
戦後のいわゆる自虐史観は、戦勝国によって洗脳されたのではなく1年以上の間、前線においても銃後においても無謀な闘いを強制した軍主導部に対する怨恨からきていると私は思います。
武士道も大事ですが、ごはん食べないとサムライだって闘えないでしょう。
これからの日本男子は、かつての中年以上の世代とは違って、
料理と食器洗いぐらい出来ないとお嫁さん貰えないと思いますよ。
Commented by Emitan at 2011-08-15 21:09 x
武士は食はねど 高用事 懐かしい言葉を思い出しました。
食器洗い処か、料理が出来ないと、お婿さんに貰って頂けないのかも知れません!30歳未満の若者の収入は女性の方が高額だそうです。
Commented by cocomerita at 2011-08-15 22:29
ノムさん、いいこと言うね
確かにその通りだわ
この日本の堕落ぶりにもアメリカの衰退にも不思議は一個もありません
なるべくしてなったってことよね
Commented by antsuan at 2011-08-16 08:26
・mitsukiさん、戦争責任はほとんど外務省官僚にあったといって間違いないと思いますよ。国際連盟脱退も内閣の指示ではなく外務官僚が勝手に出したものと言われています。人種差別反対という言葉でやる戦争をしなかったことが軍部が暴走した原因でもあります。

大東亜戦争はスターリンや蒋介石、ルーズベルトの挑発によるもので、戦争回避の努力をしたのは我が国だけだったのです。しかしその中でも、外務省は列強が挑発していることに気がつくどころか、省内派閥の勢力争いに利用したのです。

戦後はGHQの手先になり、国益などこれっぽっちも考えない、植民地の領事館のような仕事をしています。わたしが首相だったら外務省を真っ先につぶします。

責任をきちっと取れる男だったら、嫁さんはわんさかやってくると思うのですが。家に戻ろうとする男が多くなったから日本という国が傾いてきたと思っています。
Commented by antsuan at 2011-08-16 08:27
・男はね、「フーテンの寅」でいいんですよ、Emitanさん。
Commented by antsuan at 2011-08-16 08:27
・そう、不思議は一個もありません。しかしcocomeritaさん、負け続けるということは墜落ぶりがあまりにもひどってことですよね。情けない。