あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

補助金は誰のためにあるのか

「台湾は国家ではない」 台湾人留学生への震災補助金を拒否
                  2011年07月06日14時05分
提供:サーチナ
 台湾のNOWnewsによると、日本に留学している台湾人学生が、日本政府が外国人留学生に対して支給している東日本大震災の補助金を受け取ろうとしたところ、学校側から拒否されていたことがわかった。3人の学生が説明を求めると、学校側は「台湾は国家ではないため、台湾からの留学生は補助金を受け取る資格がない」と回答したという。中国メディアの環球時報(電子版)が報じた。
 日本に留学している台湾人女性によると、女性が通う学校には震災後の補助金制度があるが、台湾からの留学生だけは受け取ることができなかった。
 栃木県宇都宮市の学校に通う台湾人女性はFacebook(フェイスブック)で「各国の留学生は12万円の補助金を支給されている。台湾は震災後に多額の義援金を贈ったのに、こんな目に遭うなんて」と不満をあらわにしている。
 報道によると、台湾外交部は現在、台湾人留学生への補助金支給を拒否した学校と日本交流協会に連絡を取っているという。(編集担当:及川源十郎)

 台湾が国家ではないというのならば、この学校はどうして台湾からの留学生を受け入れたのでしょうね。
by antsuan | 2011-07-07 12:37 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(0)